人気ブログランキング |

カテゴリ:エキゾな日常( 251 )

 

2 Weeks Past

c0008520_0455050.jpg 3.11から2週間が経った。東京は被災地ではないが、生活はもちろん変わってしまった。花粉症と黄砂のせいで仕事がはかどらないが、それでも仕事が当分先まで埋まっているのはありがたいことだ。

c0008520_044818.jpg普段なら一日で書ける原稿を1日半かけて終わらせ、テレビやインターネットで福島原発の最新状況をチェックする。

c0008520_045569.jpg日本の災害情報マップを作って、まめに更新しているのはgoogle mapやフランスやドイツのテレビ、そして日本では民間の草の根レベルの人々だ。なぜ日本の地図を見るのに海外を経由せねばならないのだろう? 東京電力や原子力保安院はなぜこういうわかりやすいマップを作らないのだろう? この図は日本のSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)によるものだが、SPEEDIというには出てくるまでが遅すぎる。SLOWLYと呼んだほうが良いくらい。

c0008520_0455776.jpg震災後初めてガソリンスタンドへ。普段は人なんていない灯油コーナーはこんな列が出来ていて、初めて使う新品のタンク率も高い。一人でタンク二つ買う客もいる。

それでも人々の生活は続いている。

by salamunagami | 2011-03-28 00:55 | エキゾな日常  

Ship of Fools

c0008520_0392579.jpg今日の帰り道、経堂駅からサラームバワンまでの16分間に見たHuman Behavior。

c0008520_0383384.jpg

c0008520_0384271.jpg

c0008520_0383632.jpgThe Doors
Ship of Fools

The human race was dyin' out
Noone left to scream and shout
People walking on the moon
Smog will get you pretty soon
Ship of fools, ship of fools
Ship of fools, ship of fools
Ship of fools, ship of fools

c0008520_038283.jpg追記:この曲を知らないという人がいたのでyoutubeを貼っておきます。



by salamunagami | 2011-03-25 00:49 | エキゾな日常  

Live in the history of NOW

c0008520_21362087.jpg今週何度も見た映像を二度と忘れないようにここにアップしておこう。

c0008520_2137415.jpg

c0008520_2137757.jpg

c0008520_21525948.jpg優れた音楽家は時代の精神をすくいあげ、時に歌にしてしまう。そういう人は大抵早死にするけど。というわけでこの曲もそんな不思議な意味が出てきたのでは?

Asian Dub Foundation
"A History of NOW"

Eye to Eye
Gotta get back to the desert
Gotta get right back to my soul
Burning sky
Where every drop of rain Is a blessing to behold
Cos I can't be be a relay
On an expanding circuit board
My mind won't fit on a server somewhere I could never afford
You can't download the sun
You can't download the sea
You can't download the sun
You'll never download me
Too many ideas buzzin round inside my brain
Live in the history of now
And I'm feelin like there's
Nothing left that I can really explain l
Live in the history
Live in the history of Now

by salamunagami | 2011-03-23 21:51 | エキゾな日常  

Quiet Life in Tokyo on the Equinox 2011

c0008520_11475720.jpg被災地の方には本当にお見舞い申し上げます。僕は縁があって郡山や会津若松、そして獏原人村の友人達にこれまで大変お世話になってきたので、彼らの事を思うと言葉もありません。

計画停電、そして三連休、東京はかつてない不思議な静けさに包まれています。
すでに海外や西日本に疎開した友人達も多いし、週末だけの疎開をしている人も多いと思います。AERAは「放射能がくる」だし、土曜夜に「一都5県の水道水から放射性物質が検出された」と報道され、後になってその数値が非常に低いものだと伝えられ、そして今度は「体外被曝と体内被曝を同じ数値で計っていいものか?」という見方も登場してきました。水が本当に汚染されてしまったら、それこそ疎開ラッシュが始まるぞ。一体どうすればいいんだい?

c0008520_1147472.jpg土曜夜はハイパーレスキュー隊の記者会見に心動かされる一方で、福島第一原発で働く東電の孫請けの若年労働者がつづった「福島第一原発作業者に人権はない!」というブログがひそかに削除されていました。

海外からは、インド・デリーの日本人留学生達の間で「日本から放射能が振ってくる」というデマがメールを通じて流れたと友人から怒りの知らせがきました。そんな事よりラージャスターン州の砂漠で98年に行った原爆実験の後処理はどうなってるんだ? それ以上にデリーの大気汚染のほうがよっぽどヒドイだろうに。

僕の所にはトルコの友人達から次々に「日本を出ろ、イスタンブールに来い」とのメールが届きます。いったいどういう報道がされているのだろうか。チェルノブイリの後、ウクライナの黒海対岸に位置するトルコにはダイレクトに放射能が降ったはずだけど、そっちはどれだけ報道されたんだろう? 中東専門のジャーナリストに至っては、普段は「政府やマスコミの言っている事なんて信じてはダメだ」と言っているくせに、「テレビや新聞で見た。早く東京から脱出しろ」ですから。「心配してくれるのは嬉しいけど、こんな大事な時にマスコミの言ってる事を信じてどうする?」と返信しました。

在日フランス人達には日本退去処置がなされ、都内でいつもヒマそうにしている所を見かける、とあるフランス人の友人も気がつくとこの時とばかりに帰国していました。彼にチケットが買うお金があるのかと不思議に思っていたのですが、実は無料だった模様。

都内では買い占めがやっと落ち着いてきました。世田谷ではトイレットペーパーも牛乳も買えます。灯油はまだ買いに行ってないので不明ですが。

僕は普段テレビを点けることなんて全くないのですが、今回は朝から晩まで点けっぱなしでした。NHKばかり見ていて、時にフと魔が差して民放に切り替えると、いまだに「詳しくはCMの後で」「この後すぐ」なんていう90年代に確立したベタな手法が取られていてビックリすると同時に、「仕方ないよね、企業なんだから。広告主のために番組を作ってるんだから」と思い直し、それがテレビのスイッチを切る良いタイミングとなります。

c0008520_11475219.jpg無数の情報が錯綜し、それぞれの立場によって同じ事象でもまったく異なった見解が示されます。そしてそれぞれのジャンルの論客達がtwitterやブログで、場合によってはいまだ匿名で争っています。被災地ではまだ満足な食事も暖房もない、インフルエンザまで流行り始めているというのに...。

この静かな連休中の東京にいて、情報を交通整理するには自分なりの物差しを持つ事が大切になっています。

写真は、僕の家の屋上と、向かいの駐車場から撮影した一昨日、昨日の夜のスーパームーンです。

by salamunagami | 2011-03-21 11:49 | エキゾな日常  

2010年代「CHANGE」の時代?

ブログを書くまでしばらく時間が空きました。その間にもtwitterやfacebookはまめにつぶやいていたのですが.......。

被災者の皆様、被災者の家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 僕は職業が音楽ライターなので、60年代、70年代、80年代、90年代、ゼロ年代という西暦の10年期(ディケイド)を常に意識してきました。なぜか20世紀中盤以降のポップ音楽は確実にその周期でくくれるものがあるからです。そこで現在の2010年代=テン年代という時代、そしてその時代の音楽とはどんなものなのかという疑問を常に頭の片隅に置いていました。
 そして、今年一月のエジプト・カイロで僕は偶然なのか、必然なのか、あのエジプト革命の場に遭遇し、一週間ほど、夜間外出禁止令に悩まされながらもカイロの革命の動向を見つめる機会を得ました。
 僕の専門の音楽で言えば、ゼロ年代の始まりにベリーダンスの世界的なブームとともに広まったエジプト=アラブのポップ音楽「シャバービー」がこの数年で妙な保守化を起こしていた事が気になってエジプトに来てみたところ、カイロにこれまでになかった新しい音楽シーン(インディーズロックやヒップホップ、デスメタル、民謡楽団)が生まれつつある事を現地取材して芋づる式に初めて知りました。
 その新しい音楽の息吹きに呼応するかのようなタイミングで起こったエジプトの革命を見て、「やはり音楽と社会はどこかで繋がっている。これが2010年代のスタートだ!」と確信したんです。
 
 そう思って日本に帰ると、一部の中東研究者やtwitterやfacebookの活用者、海外のメディアをチェックしている人を除いて、「エジプト革命は時代の変わる事件である」、そう言う人は誰もいませんでした。単なる対岸の火事扱いされている事に驚きました。カイロのあの空気を吸ってしまった僕達だけが、何か夢を見ているような立場に立たされている、そんな違和感を感じました。
 
 でも僕達はもう後戻り出来ないはず。2001年に9.11同時多発テロが起きて「ゼロ年代」という新しい時代に入った事を否応でも誰もが知ったのと同じように、奇しくもホスニー・”ムバラク”と同語幹の名前を持つ”バラク”・オバマが「CHANGE」と言って大統領に選ばれた事によって序章を開いた2010年代は、エジプトや中東諸国の「CHANGE」とともに本章に入ったのだから。
 きっと近いうちに、新しい時代に突入した事を日本人全員が否応なしに気づくような事件、出来事がなにか起こる。それを期に人々の心や考え方、生き方まで変わるような出来事が必ず起こる。そう思っていました。
 
 でも、それがこんなに早く、しかも最悪な形で起こるとはまさか思わなかった。「CHANGE」の時代、新しい時代とは、日本全体にとってこれほどダメージの大きな事件から始まるとは予想もしていなかった。

 地震災害、津波災害、そして原発事故による放射能汚染、そして今まだ被災地に残されている人々の救助支援活動、そして節電の始まった関東東北の新しい生活など、目の前にはとてつもなく厳しい現実が広がっています。かつての震災や大戦を超えてきた日本ですから、必ず復興すると信じていますが、その前に多くの人が通らなくてはならない問題が山積みで、想像しただけでクラクラします。
 その新しい時代の日本においてワールド音楽のライターというニッチな職業の僕は何が出来るのか。幾つかの雑誌の締め切りやイベントが飛んで空白の時間が目の前にある今、じっくり考えたいと思っています。
 

by salamunagami | 2011-03-16 00:03 | エキゾな日常  

Gajar Ka Halwa & Sabuchan live!

c0008520_233174.jpg昨日は文化放送くにまるジャパン出演のため、インドのお菓子ガージャル・カ・ハルワーを作りました。作り方はネット上に幾らでも転がっているのですが、友人のBhangra_Queenさんに、より美味しそうな作り方を伺い、それを元に作ってみると美味い! これなら番組に持って行っても問題なし!

c0008520_2332464.jpgそして文化放送近くで夕方までカフェで仕事をこなし、日比谷へ。なんとTwitterを通じて、知人から日生ホールで行われるサブちゃんの芸道50周年記念公演のチケットを頂いたのだ。
日生ホール5時前に着くと、おじちゃん、オバチャン達が集まって大フィーバー。オレが一番若いかも。
前半二時間はサブちゃんが二役を演じ分ける「清水の次郎長&森の石松」の大衆演劇、そして後半一時間半が演歌+舞台スペクタクル。代表曲歌いまくり。
サブちゃんの歌も上手いけど、日本ならではの精巧で大がかりな舞台美術と130人に及ぶ人海戦術がサブちゃんの演歌世界を二回りも三回りもデカくみせていた。舞台に実物大の漁船が出てきて、荒れ狂う海の上で揺れまくるし、最後の曲「祭り」はすごいスペクタクル!和太鼓二階建てチームが左右で、奥に桜の木、神社があって、その左右に雷神風神、鳥居の奥から金の龍が出てて、サブちゃんはその龍の頭に乗っていて、龍の首が20mくらい客席上空まで来て歌う! ビックリです。もうディズニーランドなんて行く必要ない! 日本のこの舞台美術そのまんまインドやアラブに持って行けば、現地の大歌手達が使いたがるんじゃないかなあ。故ゼキ・ミュレンも故ウンム・クルスームも、故ヌスラット・ファテー・アリー・ハーンもこんな仕掛けで歌いたかったんじゃないかなあ。クルド人であることをカミングアウトしたトルコの演歌歌手イブラヒム・タトゥルセスはこのセットを見たら悔しがるはず。
これを一日二回回しで一月もぶっつづけしてるのが75歳のサブちゃん。すごい体力だ! オレものんびりしてないで、頑張ろうっと。そんな気になりました。

by salamunagami | 2011-03-10 23:07 | エキゾな日常  

Ouighour Rest & El Sur

c0008520_353573.jpg水曜夜は和光大学ぱいでいあのサラーム講座一行とバーンスリー奏者寺原太郎夫妻ら14名で初台にあるウイグル料理店シルクロード・タリムレストランへ行きました。ここはケバブ一串なんと180円! 思う存分肉を食べられます。鶏肉、羊肉、牛肉、そして中華材料の湯葉やウズベクとも共通するラグマン、インドと共通するサモサなど、シルクロードの交差点ウイグルならでは。数字の数え方は「Bir Iki ~Besi, Alti」とトルコ語と一緒なのでビックリ。ご主人に「ワインのグラス一つ下さい」とトルコ語で尋ねると、「グラス」はトルコ語でなくロシア語起源の単語で違ったのですが、通じたのでこれまたビックリ。8時過ぎからは留学生によるウイグルの伝統舞踊も始まり、これもまるっきりトルコの4分の4拍子舞曲「アンカラル」によく似てました。ただ、この晩は飲み過ぎ。

c0008520_355582.jpg今日は午前中から週一の村山先生とのヒンディー語講座。経堂駅前のカフェに朝10時前に着き、予習復習をしていると、10時半に村山先生登場。それにしてもよくもまあこんなに物忘れが激しいなあ。20代の頃は単語が次々に頭に収まっていったのに。
午後は渋谷に出て、1時からエルスールで店番。今日は早い時間からお客さんが次々に入ってきて、他の店では絶対に置いてないナイジェリア盤、スマトラ盤、モロッコ盤などのCDが次々と売れてうれしい限り。それにしても今日は色んな人が来たなあ。

c0008520_374915.jpgまず二時過ぎにDJ仲間のG。ウェス・アンダーソンの新作アニメ映画の試写の帰りとのこと。それオレも観てえ。三時過ぎ、僕の最初の職場W時代の上司がひょっこり現れた。会ったのは5年ぶりくらい。でも、まったく元気がない。聞くと、いよいよ晴れてリストラとなったので、かつての仕事仲間を訪ね歩いているという。「未来は過去の中にあるかもしれないから、それも良いと思いますよ」と6歳も年少のくせに偉そうなアドバイスをしてしまった。あ、お菓子ごちそうさまでした。
続いてtwitterを見てお越しいただいた某雑誌の編集者。TwitterとEl Surを媒介にまた新しいお付き合いが始まりそう。Facebookとタハリール広場の両方が必要だったエジプトの革命と同じく、新しい動きはソーシャルネットワークだけじゃダメ、リアルな場所がないと。
それからワールド音楽講座の人気者Eちゃん。そしてブロス編集部のO君とK君。O君は、短い間にカビール人のプロテストフォークや南アのシャンガーン・エレクトロやベルベル人全身整形ババアの民謡CDなどが売れていく様を見てショックを受けていた。

c0008520_391863.jpg夜になると、ワールド音楽講座三年連続参加の強者、トロット&アジアンポップマニアのTさんもひょこっと現れた。インドネシア盤を特注して行った。若くして道を踏み外してワールド音楽の径に迷い込んだC君も最近大量放出されたフランコのアナログ盤をチェックしに来た。
そして9時前にNHKのディレクターSさんも現れる。彼女は僕以上に早口で大声だ。
そんなわけで予定していたPC仕事はほとんど手つかずのまま、接客して、販売して一日が終わった。でも、それこそ健全なお店というものだろう。いつからPCの前に座っているのが仕事にすり替わったんだっけ。
帰宅し、夕食を取り、原稿関係のメールやり取りをして、風呂に入ると、もう三時前。そろそろ寝よう。

by salamunagami | 2011-02-25 03:10 | エキゾな日常  

The Weekend at Shimokitazawa More

c0008520_10143461.jpg土曜夜は下北沢MOREにて行われたL?K?OとTANiSHQとのパーティーWORLDPEACEに沢山の人にお越しいただきまして誠にありがとうございます!
今回は一周年、そしてエジプト帰りの僕と、やはり昨年秋にエジプトに行ってきたL?K?Oによるエジプト中心セットでお送りしました。

ハーンハリーリーのベリーダンスショップのマネージャーモハメッドにいただいたアンダーグラウンドな「シャアビ」をプレイしたのも初めて。サンプラーを叩いて、MCを入れるヒップホップ〜ダンスホールスタイルのライブ音源、MOREの大音量で聴くと、クドゥロやバイリファンキなみの極悪シャブ系ベース音楽ぶりを確認出来ました。お客さん達にも「エジプトにこんな音楽があったんですね!」と驚かれました。CDが一枚も出ていないジャンルなので、これから僕もネットを掘っていこうかと思っています。

c0008520_1015815.jpg夜中3時前にL?K?OのPCが不調となり、どうしても音を止めざるを得なくなったので、そこでなぜか僕はマイクを持たずにスピーチを始めてしまいました。パーティー一周年の話と、L?K?Oが超適当に思いついただろうパーティー名の話、そして今回のエジプト革命を経て、不思議と繋がってきたなどと、話がスラスラっと出てきたので。DJ中に酔っぱらって説教始めるなんて元UFOの松浦俊夫さんみたいだなあと我ながら思いつつ、余計な話を5分ほどしてしまい、失礼しました。

今回初めて来てくれた方も沢山いらっしゃって、TANiSHQと彼女の生徒さん達の醸し出す華やかな雰囲気にすっかり鼻の下を伸ばして楽しんでいただけたようで何よりです。

c0008520_10214010.jpg僕は今年最初のDJで、一日かけて選曲し、ギリギリまで自宅でCDRを焼いていたりして、いつものカメラを持って行くのをすっかり忘れてしまいました。というわけで写真がありません。どなたか撮られた方、送って下さい。
なので、昨年末のイスタンブールで立ち寄った総菜屋ナムルの美味そうな写真をアップしておきます。

by salamunagami | 2011-02-21 10:15 | エキゾな日常  

BEAUTIES & BEASTS

c0008520_9595525.jpg一昨日、昨日とお会いした麗しい女性達、そして眼光鋭いガイズを紹介します。まず最初はFMヨコハマ「DOCOMO presents いつもふたりで・・・」のパーソナリティー:渋谷亜希さん。渋谷さんはニューヨーク育ちで、ジャズダンスを続けているのですが、最近は普通の欧米の曲ではなく、アザム・アリーやニヤーズなどが好きとのこと。ニューヨークではそうしたワールドミュージック的な音が流れることが増えたとのこと。そうなんですね。知りませんでした! やっぱりアメリカに一度は行ってみたいなあ。サラームは今週19日土曜夜7時から出演です。
ちなみにオレが手に持ってる人形。中にプラスティック爆弾は入ってませんのでご安心下さい。

c0008520_1011642.jpgそして次は噂のフィフィさん。雑誌テレビブロスのエジプト革命特集のための取材です。
二歳から日本育ちなので、お子さんも日本語で育てているそうです。とても頭の回転の速い女性ですね。詳しくは二週後のブロスを!

c0008520_10274984.jpgそして最後は昨夜、渋谷DOMMUNEにて行われた「SAKHALIN TO HIMALAYA」。DUB AINU BANDのOKIさんと、OKIさんのビデオクリップ「SAKHAKIN ROCK」の監督FAR EAST SKATE NETWORKの森田貴宏さん。知ってのとおり、僕はOKIさんのインタビューは何度も行っているので、何も心配はしていなかったのですが、本番に強いOKIさんはさすが、ナイスな言葉を幾つも放ってくれました。そのうちの幾つかをおぼろげながらアップしておきましょう。

「かつてのアイヌの演奏にはコルトレーンやマイルス・レベルの演奏が沢山残っていた」

「マレウレウは新曲はやらない。アイヌにはすばらしい伝統曲があって、それを追うだけで一生が終わる。ブルースと一緒。ブルースも名曲はもう出尽くしてる」

「コーラスなんてのは西洋という遅れたド田舎の音楽。これからはウポポ。ウポポが宇宙に繋がる。コーラスなんてもう止めよう」

「ダブはレントゲン音楽。普通の曲では奥のほうで聞こえなかった音が透けて見えたり、前面に出ていた音が姿を消したり」

「ベースとドラムが唯一、神に届く音、それを精進するためにDUBを作っている」

3月の全国ツアーで先行販売する新作「HIMALAYAN DUB」もDOMMUNEのサウンドシステムで世界初公開! 大音量で聞くとすんごい事になってました!


by salamunagami | 2011-02-18 10:15 | エキゾな日常  

Sleep, Sleep, Spa, Sleep,

c0008520_0463396.jpg日本に戻り、忘れないうちに、熱くなっているうちに吐き出してしまえと、ブログやfacebookやtwitterに向かい、ようやく一通り終わったと思ったのが日曜夜、その瞬間から背骨や腰の間接が痛み出した。やっぱり疲れてるんだ。そのまま寝たが、翌朝起きても痛みは酷くなっただけ。というわけで、月曜火曜は予定をキャンセルしてほとんど寝てすごした。妻が駅前の薬局で買って来てくれたアヴィセンナ仙液だか、フィナボッチ数列だか、ヒポポタモーマスだか、プラシーボ効果だか、結局の所、プラセンタ製剤という薬が効いた。

水曜は朝から文化放送くにまるジャパン出演のため料理を作る。エジプトの話と音楽を紹介するので、料理もエジプト料理。ということでファラフェルを作る。エジプトでは付け合わせはファトゥーシュとタブーレという夏っぽい野菜のサラダが付いたが、日本は冬なのでパプリカのマリネ、紫キャベツのマリネ、タヒーナ、そしてトマトざく切りにした。朝一で作ったので焦げるほど揚げてしまったが、くにまるさん、涙子さんともに好評だった。放送を聴いていた妻から「イヤミが多すぎる」と言われたが、三度の飯よりイヤミが好きなので、そればっかりは止められない。

夜はやっと念願のSPA成城に行く。寒い夜中に露天風呂がたまらん。

c0008520_0505174.jpg今日は渋谷エルスールに約二ヶ月ぶりに出勤。モロッコとエジプトで買い付けたCDと7inch盤を品出し。
7inchは想像どおりベルベルの民謡だったが、予想を遙かに超えた素晴らしい内容だった。世界中どの地域のどんな音楽でも、最初期の録音というのは独特の魅力がある。各国のSP盤歌謡曲、ラヴィ・シャンカル以前の北インド古典音楽、デルタブルーズなどなど。その後、録音技術はどんどん進んで、音質は良くなっても、後生の録音にはどういう訳か失われてしまっている感覚が刻み込まれている。
以前、インド古典の寺原太郎さんにそのことを訪ねると、「昔の演奏家というのは無茶な演奏をしたんです。そこまでやるか?ってくらいに。無茶苦茶ツッコミすぎて着地失敗みたいな録音が沢山残ってる。それがだんだんレコードが広まるにつれ、音楽家達も録音物は後々まで残ると気づいて、録音では無理をしなくなったんです」という納得出来る答えを返してくれた。
なるほど。そんなわけで、今回のベルベル民謡7inch10種もそのジャンルの最初期の録音らしい生々しさがたっぷり刻まれてました。ジャケも最高で、Tシャツにしたいくらい。とここまで書いていたら、その7inch盤のデジタルアーカイブ化を頼んでいる友人(かなりのレコキチ)から「ゾクゾクする興奮を味わっています」とメッセージが届きました。写真を見て下さい。文字とか絶対読めなそうな不敵な面構えがたまりませんねえ。一番下のガイなんて、ネクタイからエクトプラズム出てますからね、ただ者ではありませんよ。
さて、どなたの手に渡るのでしょうか、僕と一緒に7000マイルも旅してきたモロッコの7inch達。

c0008520_0551036.jpg今日は前もってtwitterに「エルスールに出ます」と告知していたせいか、夕方から友人達が次々と集まってきた。そうそう、twitterと言えば、同業の友人からの質問メールを通じて相互フォロワーになったある方と仕事をすることになった。
Facebookも随分前からアカウントを持ってはいたが、旅の間に「サラーム海上」のファンページまで作り、やっとアクティブに使い始めた。何がどう役立つかわからないけど、密に連絡を取り続けたい海外の友人との繋ぎには最適だろう。
写真はインド ラージャスターン州 ジャイプール郊外にあるKawa Guest Houseの部屋の窓。ここもFacebookでページを持っていた。

by salamunagami | 2011-02-11 00:57 | エキゾな日常