21世紀中東音楽ジャーナルの書評ありがとうございます!

c0008520_1028196.jpg帰国して10日が過ぎ、その間にラジオ2本、DJ3本、トーク2本、ライヴの司会(両替係、盛り上げ役)など、人前に出る仕事が多く、ジェットコースターのような生活が続きましたが、それも昨夜で一段落しました。今週は通常の原稿やエルスールレコーズ店番、そしてラジオ2本と渋谷UPLINK FACTORYでのレギュラートークショーです。
今日は代々木公園で開催されているパキスタンバザールに行きます!

さて、僕の「21世紀中東音楽ジャーナル」が音楽誌ミュージックマガジンとラティーナの書評欄で大きく紹介されました。ミュージックマガジンのほうは金沢大学の「ライ大好き」粕谷祐己教授、ラティーナのほうは大石始君が執筆してくれています。粕谷教授は「21世紀の老若男女みんなが読んで欲しい本」、大石君は「同じ音楽ジャーナリストとしてこれほどまでに嫉妬させられた音楽書籍は過去なかった」と絶賛(僕のほうでは、大石君はこれからそういう本を書いてくれることと信じていますが)してくれています。うれしいです! 是非、書店店頭でご覧下さい!
このほか、現在発売中の雑誌CDジャーナルに書評、そして3月上旬(日時失念)の日経新聞にも著者インタビューが大きく掲載されました。

一昨年、昨年と執筆している間は全く先が見えず、果たしてこの本は本当に出るのだろうか? 出たとしても読んでくれる人がいるのだろうか?と常に自問自答していましたが、こうして一冊の書籍という形になって、初めて広がっていく人との繋がりや、新たな出会いなどを、今ひしひしと感じています。

当面、鞄に一冊は持って歩きます。僕を見かけた方は是非「本を一冊売って下さい!」とお声かけ下さいませ。

今日はパキスタンバザールにいますよ〜!
[PR]

by salamunagami | 2012-03-25 10:38 | 21世紀中東音楽ジャーナル  

<< Badar Ali Khan ... 3.24 Sat. タワレコ新... >>