Delhi-6 in NHK Asia Film Festival


今週末から開かれるNHKアジアフィルムフェスティバルでインド映画『デリー6』が上映されます。

アメリカ生まれの青年ローシャン(アビシェーク・バッチャン)が祖母とともにオールドデリーに里帰りし、変わりゆく町オールドデリーの様々な騒動に巻き込まれながら、自分の居場所を見つけていくストーリー。歌もダンスもない、今流のボリウッドですが、オールドデリーへの愛情溢れる描写とARラフマーンの音楽が本当に素晴らしい作品です。
ちなみにヒロインのソーナム・カプールは「スラムドッグ$ミリオネア」のクイズ司会者役だったアニル・カプールの娘です。あんなオッサン(昔はナイスガイだった)からこんな今時の美人が生まれるってどうなってるんだ?

今週土曜から来週水曜まで毎日一回ずつ上映されます。しかもチケットは500円と激安!デリーのシネコンで見たら250Rs(500円)から300Rs(600円)ですから、インド並みの値段で東京の真ん中で見れるわけです。日本はデフレが進んでいるなあ。


インド好きの方はもちろん、歌と踊りがインド映画と思っている人にこそ見てもらいたいです。
僕は初日の土曜に見に行きます。
http://www.nhk.or.jp/sun-asia/aff/11th/index.html#a04
[PR]

by salamunagami | 2010-10-21 00:30 | エキゾ映画  

<< Learning the De... My Daily Cookin... >>