<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

12.26 旅で覚える中東クッキング 今回は「トルコの朝食とチャイ」

c0008520_150767.jpgサラームの料理連載「旅で覚える中東クッキング」が更新されました。今回はトルコの朝食とチャイ編です。チャイダンルック(二段式ヤカン)を持っていなくとも、ヤカンに金属製のティーポットを重ねればトルコのチャイは作れますよ!

旅で覚える中東クッキング
[PR]

by salamunagami | 2011-12-26 15:02 | エキゾ料理  

ぱいでいあワールド音楽講座四年間ありがとうございました。

c0008520_14565113.jpgもう先週の話ですが、和光大学ぱいでいあでの「ワールド音楽」講座が終了しました。年間20回の講義を四年にわたって行ってきました。村山和之先生から、講座を持ったら良いですよ、とぱいでいあを紹介いただいたのはもう四年半くらい前。それまでもアップリンクやJASRACや国際交流基金などで単発の講義やトークは行っていたけれど、20回の講義となると話は別。最初の一年は常に「本当に出来るのか?」と自問自答していました。
二年目からは前年に全体の流れを作っておいたので、一年目よりスムースに進められるようになったのですが、二年連続で受講される方も数名いらしたので、初めての方にも2度目の方にも退屈しないような授業を考えなければならず、やはり苦心しました。
三年目は、二年目よりも更に二年連続受講(中には三年連続受講される方も!)される方が多数いらっしゃったので、逆に素材だけたっぷり用意して、台本をあまりしっかり作り過ぎないようにしました。
そして今回の四年目、三年連続の方も多かったので、あえて僕の専門ではない地域を増やしてみたり、なんとか変化をもたせて乗り切りました。
そして20回目の最終回、これまでも世界の音楽を聞いてきた後に日本の音楽を聞くとどう聞こえるかをテーマに、日本の伝統音楽を色々と紹介してきました。日本の放浪芸のDVDなどをつかって。でも今年は気づくと、日本の伝統音楽を様々な取り入れた現代の音楽がいつのまにかウジャウジャとリリースされていました。久保田麻琴さん、OKIさんやMarewrew、サカキマンゴーさん、そしてヨシダダイキチさんの新生Alayavijanaなどの動きを紹介することが、ワールド音楽全20回の締めに相応しいなと。そんなわけで四年間の最後に、いつもお付き合いさせていただいている僕の周りにいる音楽家たちを取り上げることが出来、ぱいでいあもきれいに終了、卒業することができました。四年間受講いただいた皆様、ゲスト講師として参加していただいた皆様、村山先生、和光大学の事務局の皆様、貴重な機会を本当にありがとうございました。

さて、来年からは「ワールド音楽講座」は新宿の朝日カルチャーセンターで春から開催予定です。その前に僕の新刊「21世紀中東音楽ジャーナル」の発売記念と、新会場でのお試しを兼ねて、2月8日にパイロット版を一回開催致します。ここで沢山集まってくれないと、春からも開催出来ないので、皆様よろしくお願いします!

写真は20回を終了後のぱいでいあ校舎にて。撮影YTさん
[PR]

by salamunagami | 2011-12-26 14:57 | エキゾ講演&トーク  

12.18 Sun DOMMUNE FUKUSHIMA!

c0008520_2105673.jpg18日の日曜夜にはDommune Fukushima「年末スペシャル!Playback!!! 8/15フェスティバルFUKUSHIMA!ー後編ー」にサラームが出演します。この8月に行われたフェスティバルfukushimaにて僕は現地楽屋裏レポートをやっていたのですが、それを元に大友良英さん、U-zhaanたちとトークします。こちらも是非ご覧下さい。

DOMMUNE FUKUSHIMA!第11回
■「年末スペシャル!Playback!!! 8/15フェスティバルFUKUSHIMA!ー後編ー」

日付2011年12月18日(日)
19:00~23:00
※福島県郡山市より配信
出演:大友良英・U-zhaan・サラーム海上 司会:小川直人
スタジオ観覧募集¥1500[1drink付]
TALK + LIVE(入替無し/番組途中入場OK!/再入場不可)
ご予約 dommune.f@gmail.com 
※観覧希望日をご記入願います。

http://www.pj-fukushima.jp/dommune/dommune_fukushima11.php

[PR]

by salamunagami | 2011-12-18 20:00 | エキゾ講演&トーク  

12.17 Sat. マレウレウの忘年会 青山 CAY

c0008520_10435788.jpg
師走中旬に、青山CAYで開かれるマレウレウの忘年会にサラームがDJ出演します。今度は料理担当ではありませんよ。主役のマレウレウに加えてOKIさん、そしてアラヤヴィジャナも! これで2000円は安過ぎ!

「マレウレウの忘年会」
2011.12.17(sat) 青山 CAY

CAST:
マレウレウ

Special ゲスト:
OKI(トンコリ)
木津茂理(唄・三味線・太鼓)&渡邊香澄(箏)
Yoshie(Belly Dance)
サラーム海上(DJ)
アラヤヴィジャナ
[ヨシダダイキチ (sitar) さとうじゅんこ(vocal) 藤枝暁(guitar) 池田絢子(tabla)]
シタール王子(賑やかし)    

PLACE: CAY

OPEN / START:
17:00/18:00

TICKET:
2000円

INFO:
先行予約:チカルスタジオ mail@tonkori.com
予約(11/23〜):CAY 03-3498-5790、e.mCay@spiral.co.jp
※メールでお申し込みの際は、件名に「12月17日予約」、本文にお名前・人数・電話番号をご記入ください。

http://www.tonkori.com/schedule

[PR]

by salamunagami | 2011-12-17 17:45 | エキゾDJ  

師走はもらいもの暮らし 2

c0008520_1203117.jpg先週に引き続き今週ももらいものばかりです。
まずぱいでいあの受講生のTさんから、大きな手提げ袋一杯のローズマリーをいただきました。Tさんにはいつもバジルやスペアミントをいただき、その度に料理に重宝しています。今回は年末の肉料理に使って、残りは風呂に入れたり、乾燥させて使います。

c0008520_11584776.jpgそしてもう一方、ぱいでいあのKさんには手作りの美しい
絵本をいただきました。英国のバラッドを自ら翻訳し、そのイメージに沿った挿絵を付け、7インチドーナツ盤サイズのケースに入れた自家製本です。訳詞を読むにつれ、元のバラッドを聞きたくなります。

c0008520_11592041.jpgそして、村山先生には、ちょうどウチの妻が図書館で借りていた書籍「パキスタンを知るための60章 エリア・スタディーズ」の改訂版をいただきました。

皆さんにいただいてばかりなので、何かのお返しをせねばと思っています。

[PR]

by salamunagami | 2011-12-16 12:02 | エキゾな日常  

12.11 Sun. 聖者の宮廷第13講 聖者の宮廷儀芸考

c0008520_2323994.jpg聖者の宮廷第13講 聖者の宮廷儀芸考-イラン西部とナイル流域の民衆的神秘儀礼など
2007年5月より「和光大学ぱいでいあホール」を講堂として始動した古今東西スーフィー芸能文化探楽集会「聖者の宮廷講」
活動4年目を迎えるにあたり、新たな講堂を求めて川を渡る。和光大学に感謝を捧げ、発展を祈る。

クルデスターンの険しい山並とナイル河の豊かな長波に響いていた音がいま押し寄せる。
そして盟友・野上郁哉(24)の早すぎた魂の解放に献杯!
聖者の宮廷講、本年度最後の、一日だけの開講日がせまる!

◆ 北川修一 :クルド民族のタンブール神秘儀礼音楽-タンブール実演
◆ 余越弘康 :青ナイルのスーフィーと民俗芸能の旅-エジプト、スーダンにおけるパフォーマンス
◆ サラーム海上+村山和之 :和光大学ぱいでいあ最終講義特別プログラム
12月11日(日)午後1時-5時半、小田急線鶴川駅前和光大学ぱいでいあビルにて
講義終了後、故野上郁哉氏に献杯予定。
聴講無料、申し込み・問い合わせはseijanokyuteikoh@gmail.comまで (文責:村山和之)
[PR]

by salamunagami | 2011-12-11 13:00 | エキゾ講演&トーク  

新刊「21世紀中東音楽ジャーナル」のプリントアウト到着!

c0008520_12295998.jpgMy new book "21st century Middle-Eastern Music Journal" almost done!

サラームの新刊「21世紀中東音楽ジャーナル」のプリントアウトがやっと来た! 

中東音楽ディスクガイドまで付けて300ページを超える本になりました。

まだ写真の差し替えや本文の校正がたっぷりありますが、これを見ると、ついに! 本当に! 出るんだなあ! と実感が湧いてきますね。

僕の周りの皆さんは一月〜二月、籠もって本を書きあげている人達ばかりなので、僕はどうしてこう遅筆なんだろうと情けなくなります。僕はルーティンの依頼される仕事はスピーディーでそつなくこなすし、それほど不器用ではないと思っているのですが、自分の意志だけでやり遂げる仕事になるとどうしてこう不器用でトロいのだろう?

しかし、2002年のイスタンブールでの取材開始から始まり、2004年のモロッコ(1989年と1996年の話も出てくる)、2005年と2009年のイスタンブール、2007年のイエメン、2011年のエジプトと、全て自費で訪れて、最後に初めて腑に落ちたのだから、仕方なかったのです。

前作「プラネットインディア〜インド・エキゾ音楽紀行」と同じく、

「でも、やるんだよ!」


の本なので、どうか皆様何とぞよろしくお願いします!

発売はアルテスパブリッシングより、来年2月頭になりそうです。
[PR]

by salamunagami | 2011-12-10 12:40 | 21世紀中東音楽ジャーナル  

師走はもらいもの暮らし

c0008520_23174961.jpg最近、人から色々なものをいただいて、その多くがとても嬉しいものばかりでありがたい日々です。三日ほど前は妻の実家釧路から柳葉魚の冷凍パック。セシウムは相当ヤバそうですが、薄いピンク色の本物の柳葉魚を前にしたら、そんなこと言ってられません。ありがたく頂きました。そして先週土曜にお宅に伺った和光ぱいでいあの受講生さんから漬けたばかりのキムチを二種。これも激ウマで、もうあらかた食べてしまいました。白菜一株分有料で作ってもらおうと思っています。今日は和光ぱいでいあの授業の際にはこんなゴージャスな自家製梅酒を四種も! スピリタス、ジャック・ダニエル、カルバドス、芋焼酎漬けの梅酒です! これからありがたくいただきます!

c0008520_23173478.jpgそしてもう一方からは自宅で栽培したサフランのめしべを頂きました。めしべがデカイし、色もキレイ!  ビリヤニを作る際に使わせていただきます!

c0008520_23182834.jpgというわけで、我が家でも忘年会でも開いて、何か作らないとならないなあ。コシャリでも作ろうか?

[PR]

by salamunagami | 2011-12-07 23:18 | エキゾな日常