<   2011年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

Ethiopian movie "Teza" 『テザ 慟哭の大地』


今日は朝から、イメージフォーラムにて、ドイツに留学していたエチオピア人男性の目を通じて1970-90年代のエチオピアを描いた映画『テザ 慟哭の大地』を鑑賞。ハイレ・セラシエ1世皇帝の失脚により、生まれた新しいエチオピアに希望を抱いて帰国した主人公は、次第に内戦に突入していくメンギスツ政権に失望し、再びドイツへ、しかしドイツでは希望を失った亡命者に囲まれ、居場所がなく、身に襲いかかった不幸を抱えたまま、年老いた母に会うために内戦末期の祖国に戻る。
エチオピアと言えば帝政時代に花開いたエチオジャズ、そしてラスタファリアンが神と崇拝するハイレ・セラシエ1世、そして80年代の内戦と干ばつに伴う飢餓、91年の内戦終了にともなう新たな建国と、文字の上では知っていたが、具体的には何も知らなかった。「テザ」はそうした歴史を知ることが出来るのと同時に、音楽好きなら、全編を流れる音楽の素晴らしさに圧倒されるはず。酒場のアズマリ、正教の御詠歌、ハープの弾き語り、エチオジャズ、日本の演歌ソックリなエチオブルーズ。ちなみにサントラはエチオピア人音楽家ではなく、NYのタミル系ピアニスト、ヴィジャイ・アイヤルだった! 
近年、ワールド音楽の世界ではクラブ系、ジャズ系、ジャムバンド系など様々な形のエチオピア音楽のリバイバルが目立つ。しかし、音を聞いているだけでは想像出来ることは限られている。僕にとってはこうした映画によって音の向こう側にある風景をのぞき見して、ほんの少しでも知る事はとても嬉しい。

『テザ 慟哭の大地』
[PR]

by salamunagami | 2011-06-28 18:55 | エキゾ映画  

肉骨茶 Bah Kuh Teh, Asian Food Party@SalamBhavan

c0008520_12194093.jpg以前からワールド音楽講座の受講生達から「バークーテーを食わせろ!」と言われていたので、今回ゼロ活力鍋を使ってバークーテーを作ってみました。まず10人分の豚スペアリブ1.5kgをパワーラークスで買い、一旦軽く茹でて余分な脂や汚れ、血合いをきれいに落とします。

c0008520_12195315.jpgそれからたっぷりのニンニク、ショウガ、ゆで卵、長ネギ一本、そしてバークーテー用漢方薬とともにゼロ活力鍋で調理。今回は先日シンガポールに行った友人にバークーテー用ミックス調味料を買ってきてもらいましたが、自分でも下記のものを用意すれば簡単ですよ。
*スパイス
白こしょう:20粒 
シナモンスティック:1本
八角:2個
クローブ:3本
カルダモン:3粒 
クコの実:20g
陳皮、甘草、芍薬、香附子、川弓、棗など少々
漢方の生薬は三茶のすずらん通りに専門店「誠心堂薬局」があり、バラで格安で手に入りますよ。

c0008520_1220629.jpg本来はゆで卵や大根など入れないのですが、僕はバークーテーをマレーシアのおでんと考えており、そのせいでゆで卵や半月切りの大根を入れるのが好きなんです。5.5リットルの鍋ですが、10人分の材料は入りきらなかったので、(圧力をかけるため、鍋の2/3までしか入れられない)、まずは肉と卵を10分加圧しました。

c0008520_12201698.jpg10分の加圧の後、圧力が抜けきるまで30分、フタを開けると、一つ上の写真のように豚の脂とアクが浮いてます。もちろん脂はすくい取り冷蔵庫で冷やして漢方味のラードとして使います。肉は十分に軟らかくなっていて、これ以上煮込む必要がなくなっていたので、肉と卵を鍋から抜き、塩と醤油で味をつけ、大根とぬるま湯で戻した干し椎茸を入れ、今度は5分加圧。

c0008520_12203058.jpg二度目の加圧後に鍋に肉と卵を戻し、今度は圧力をかけずに沸騰させ、クコの実と熱湯をかけた油揚げ、ちぎったレタスをたっぷり入れて、出来上がり。バークーテーには今まで二時間半くらい煮込まなければならなかったのに、今回は全部で30分もガスを使ってません! ビックリしました!

アジア料理パーティーの写真はFacebookにも沢山載せていますので是非ご覧下さい。

[PR]

by salamunagami | 2011-06-27 12:37 | エキゾ料理  

39.8 Centigrade in June!

c0008520_17344696.jpg今日は埼玉県熊谷市で、観測史上初の6月最高気温を更新した。39.8度だって!まだ梅雨も明けてないのに、ここまで気温が上がる事にもビックリだけど、日本列島の気温図がすごいことになってるので、ここにアップしておくよ。赤が35度以上、ピンクが30度以上、釧路なんか5度以上だからね。日本国内で30度の気温差がある! なんつーか現実離れした不気味な美しさが漂ってるような。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/amedas/


[PR]

by salamunagami | 2011-06-24 17:35 | エキゾな日常  

Goat Biriyani @ Kyodo Garam Masala

c0008520_19195416.jpg昨夜は日本ビリヤニ協会(NBA)が主催する「第十四回ビリヤニパーティー」に初参加してきました。そんな協会があることも、しかもそれが経堂を拠点にしていることも、行きつけのガラムマサラで頻繁に会合が行われていることも、つい最近まで知らなかったのですが。元々は僕の友人の料理専門の編集者がtwitter上に「経堂〜小田急線沿線でビリヤニの美味い所を教えて下さい」とつぶやいたのがきっかけとなり、TLが盛り上がり、その流れに完全に出遅れた形で日本ビリヤニ協会主宰の大澤さんが僕に連絡してきてくれたのが始まりでした。
twitterを通じて、6/20にビリヤニパーティーがガラムマサラで行われ、しかも今回のテーマは山羊とのこと。これは参加せねば! ちなみにインドでMuttonというと羊だけでなく山羊肉の場合が多いようです。

c0008520_1922128.jpgそして昨夜7時にガラムマサラに到着すると、何名かの会員の方が既にいらっしゃっていました。現役大学生なのにインドに行った時ビリヤニに目ざめてしまい、帰国後、実家で毎週何度もビリヤニを作っては両親に怒られている学生さん、合コンやりたいとずっと話していた女性、東京圏のエスニック料理店を食べ歩いている強者ら、総勢20名で山羊のビリヤニに挑みました!
山羊と言えば沖縄料理に出てくるゴムみたいな味の肉を思い出す方も多いでしょうが、さすがガラムマサラではスパイスにマリネされて、クセもなく、柔らかく、通常のマトンと同じように食べれました。豚耳を更に分厚くしたようなゼラチン質の皮が激ウマ! なので食べ過ぎてしまい、翌日のこの時間になってもあまり腹が減ってませんけどね。
とまあ、東京中のビリヤニ好きが集まって、濃い時間が過ごせました。ありがとうございました。

c0008520_1920667.jpg次回日本ビリヤニ協会のイベントはなんと、7月23日に「経堂ビリヤニ祭」というのが予定されています。経堂のインド料理店や名物料理店、全6店がそれぞれにビリヤニを作り、ビリヤニパスポート(前売り3600円)を持った参加者はその6店のどの店に行ってもビリヤニ食べ放題とのことです。
最近の僕のtweetでビリヤニに目ざめた方は是非いかがでしょうか?
詳しくはfacebookの「日本ビリヤニ協会(NBA)」のページを。

[PR]

by salamunagami | 2011-06-21 19:22 | エキゾな日常  

6.25 Sat. 経堂サラームバワン 「サラームが語るボリウッド〜インドに帰りた〜い!」

c0008520_18534064.jpg今度の土曜日は我が家サラームバワンで、僕がトークをします。限定15名ですが、まだ若干空きがありますので、お時間ありましたら、是非ご予約下さい!


サラームバワン008サラーム海上が語るボリウッド〜インドに帰りた〜い編

2011年6月25日 · 18:00 - 21:00 経堂サラームバワン

サラームが最も愛する音楽〜インド・ヒンディー語映画「ボリウッド」の音楽について、
秘蔵の映像を紹介しながらじっくりと語ります。
終了後には「インドに帰りた〜い!」と涙ぐむこと間違いなしです。

和光大学ぱいでいあや、5月末の立教大学での講義、Dommuneでの「BollywooDommune」を見逃した方、是非この機会に!
サラームバワンでの開催なので、終わりの時間を気にせずたっぷりたっぷりやります!

お茶&お菓子付き1500円
予約限定15名
ご予約はメール mail to: salamuna@chez-salam.com かtwitterfacebookにて。


参加される方はまずは予習として、これを見て泣いておいて下さい。

[PR]

by salamunagami | 2011-06-21 18:57 | エキゾ講演&トーク  

Weekend in Chu-oh-Line

c0008520_1045752.jpg週末は中央線沿線で過ごしました。金曜夜、心配していた雨も上がり、吉祥寺Cheekyへ。Cheekyは初めてだったけど、店内は所狭しとアメリカ製のオモチャが置かれ、店長のアビーさんをはじめ、中央線テイストの陽気な方々が一杯。吉祥寺に集う人々は高円寺や下北沢よりもなんとなくアーシーな感じ。DJは2時半からなので、しばらくのんびり。獏原人村で会ったパーカッショニストと再会し、なぜかオモチャ屋さんサイコベアーで骸骨の修道士の図書館司書のフィギュアを買う。ライヴの音と流しっぱなしのDVDか何かの映像が妙にシンクロしていて、壁のスクリーンに目が釘付けとなり、2時過ぎにはいつのまにか一瞬寝落ちしてしまったが、2時半には予定通りDJスタート。初めてDJする場所では自分の大好きな曲だけをプレイするようにしている。インド〜アラブ〜トルコ〜インド、楽しんでいただけたようで何よりでした。5時にDJ終了後も沢山の方が残っていてくれて、色々お話出来た。カズヤ君ダイ君どうもありがとう。またよろしくお願いします!

c0008520_1073236.jpg朝6時前にCheekyを出て今度は阿佐ヶ谷へ。午後2時からloftAで「印度百景」に出演するため、それまでどこかで仮眠したく、twitterでつぶやくと、阿佐ヶ谷のLoft Aのちょっと奥にある漫画喫茶がイイとの返事をもらっていたので、そこで12時過ぎまで寝ることにする。シャワーを浴び、リクライニングチェアに横になると、いつのまにか寝ていて、気づくと12時前。LoftAに入店すると既にお客さんは満杯で、マサラワーラー達が大量の印度ご飯料理を作ってお客さんに振る舞っていた。なんとビリヤニに使ったお米20kgだって!豪快!

c0008520_10745100.jpg僕は第2部のゲストで、第1部は雑誌「transit」の印度特集の写真を撮られていた写真家の在本彌生(ありもとやよい)さんが壇上に。渡印50回以上という強者。独特の空気感ある写真を沢山拝見する。
そして僕は今回は音楽でも料理でもなく、イイ顔のオヤジ達の写真だけを持ち込み、オヤジ達との出会いについて熱く語り飛ばした。つーか、寝不足で妙にアッパーになっていた。普段からアッパーなマサラワーラー達に影響受けたか?

c0008520_10112324.jpg終了後は友人が嫁入りした阿佐ヶ谷のミツヤ酒店にお邪魔し、銀河高原の生ビールを頂きながらお酒を数本買い込み、帰路に着く。夜7時過ぎには自宅に戻ったが、そのまま絨毯の上で寝てしまい、夜中過ぎにベッドに移り、翌朝9時まで寝てしまった。
日曜は夕方から日仏学院に行く予定だったが、週末までの原稿締め切りに気づき、一日原稿書き、夜中過ぎても終わらない。ふ〜。でも、楽しい中央線週末でした! 来てくれた皆様ありがとうございました!

印度百景の写真はOKIYOSHIさん提供です。

[PR]

by salamunagami | 2011-06-20 10:14 | エキゾ講演&トーク  

6.18 Sat. 印度百景vol.5

c0008520_16423837.jpg『印度百景vol.5』
さて、みなさん、お待たせしました。
次回の6月18日(土)に行なわれる、印度百景vol.5のゲスト第一弾お知らせします!

よろずエキゾ風物ライター/DJのサラーム海上さんです!!

サラーム海上さんといえば、もう印度百景のイベントコンセプトにぴったりです!
豊富な写真とインドのカルチャーシーンや音楽シーンについて、いろいろとご紹介してくれそうで、楽しみです!

チケットは、ローソンチケットと、阿佐ヶ谷ロフトAのウェブサイトで発売中です!

第二弾ゲストの発表はまた改めてしますので、よろしくお願いします!

【開催日時】 6月18日(土)
       OPEN 12:00 START 13:00
       前売1,500円 当日2,000円(共に1カレー付、飲食代別)
       
【会場】 阿佐ヶ谷ロフトA
     
【出演】 水野仁輔(東京カリ~番長)
      はぴい(フードライター)
      マサラワーラー(インド料理ユニット)

【ゲスト】 サラーム海上(よろずエキゾ風物ライター/DJ)
      and more!!
印度百景
[PR]

by salamunagami | 2011-06-18 13:00 | エキゾ講演&トーク  

6.17 Fri. Salam DJ @吉祥寺Bar Cheeky

c0008520_1641945.jpg吉祥寺Bar CheekyにてサラームがDJします。

Skewb-1周年スペシャルnight-
6/17(金)@吉祥寺Bar Cheeky

-Special Guest DJ-
サラーム海上
-DJ-
kzy(chaplin production)
Die(P.V.C.)
Oreda44 (センカヲス/mudisc)
-Live-
ミチトノソウグウ(仮)
fourDtv
-おもちゃ屋-
サイコベアー(互分家)
-Food-
ayanicoco(mudisc)
-Paint-
RUSOW

Open/22:00
Charge/500yen

http://www.bar-cheeky.com/
[PR]

by salamunagami | 2011-06-17 22:00 | エキゾDJ  

2011.06.14 00:00-01:00 Live Fukushima Nuclear Plant Cam



そして、今朝からネット上では騒がれているこの映像。「もう見飽きたよ」という方も多いとは思うけど、テレビニュースなどではまだ報道されていないようだから、こちらでもアップしておきます。2:12辺りからスゴイことになってる。これが2011年東日本の日常!

[PR]

by salamunagami | 2011-06-15 00:04 | エキゾな日常  

Mediterranean Dinner Party

c0008520_23408100.jpg昨夜はインド・デリーでいつもお世話になっているサトウ葉さん夫妻が一時帰国中なので、近所のエキゾ料理仲間オキヨシ&菊地夫妻も呼んで、我が家サラームバワンで夕食会。そのメインディッシュが一つ前の記事のマトンとプルーンのタジンですが、折角なので他の料理も載せておきま〜す。
まずはウチの妻が作ったビベールドルマ。ピーマンの詰め物冷製です。典型的なトルコの居酒屋メニュー。ピーマンが鍋で倒れないように、茹で汁を被らないように作らなければならないので結構手間。

c0008520_23415328.jpg次は新大久保のムスリム通りで1kg300円で買ったレンズ豆をトマトとディルで煮た冷製。これもトルコの居酒屋メニュー。

c0008520_23425436.jpgこれもトルコ料理。パトルジャン・サラタス。焼きナスとヨーグルトのペーストサラダ。今回は妻が作った料理が多いですねえ。

c0008520_23434632.jpg続いてオキヨシさんが持ち込んだガツーンと南仏の鶏一匹ロースト! 中には世田谷通りの銘店「ブランジュリー パリの空の下」の特製パン粉をオリーブ油とパセリなどで和えた詰め物がたっぷり。焼き加減も皮がパリパリ、中はしっとりでナイス。鶏全体にしっかりハーブと塩味が染みこんでいて激ウマ! 埼玉のシュラスコ店に遠征してきただけあるなあ。

c0008520_23474838.jpgそれでもって、サラームは何してるのじゃあ?と言われないように全体像を。僕は一番手前のフォカッチャを焼き、真ん中左のモロッカンサラダとその奥の野菜のピクルスも漬け込んでました。

料理の写真はfacebookにも掲載しています。

[PR]

by salamunagami | 2011-06-14 23:50 | エキゾ料理