<   2009年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

7.31 Fri Salam DJ@Desert Rose Ginza

今週、来週はDJが続きます。まず今週金曜は銀座砂漠の薔薇でDJです。Mikuさん、松浦俊夫さんとご一緒させてもらいます。

DOOR OPEN: 22:00~
DOOR: Male 4000yen (2D), Female 3000yen (2D)
RESIDENT DJ: DJ: サラーム海上
GUEST DJ: 松浦俊夫×DJ AMIGA×DJ MIKU
BELLY DANCERS: e-chan & MILLA
AERIAL PERFORMER: AERIAL ART DANCE PROJECT ( AADP )
GIRLS BAR: 体育会★黒薔薇部
VENUE: 砂漠の薔薇 ( DESERT ROSE )

東京ラウンジシーンに常に、フレッシュな話題を提供しているラウンジ・パーティ「Black Rose」。 ハイブリッドをコンセプトに、様々な分野で活躍する良質で新鮮なアーティストたちのライブパフォーマンスを提供しています。 今回のラインアップは、東京ラウンジシーンに欠かせないキーパーソンたちが勢揃い!! ジャズをキーワードに時代とジャンルを超越したプレイで世界を舞台に活躍する "松浦俊夫" 、パンク?ニューウエーブ?エレクトロ?ヒップホップを縦横無尽に操る "DJ MIKU" 、クラブ創成期から活躍するこの2人の重鎮DJと今一番輝いているガールズDJの一人、ファッションシーンからアンダーグランドシーンまで独自のエレクトロ・サウンドを表現する "DJ AMIGA"を迎えます。 そして、「Black Rose」レジデントDJ、オリエンタルミュージックシーンの重鎮 "サラーム海上" も加わり、各分野のキーパーソン達が創り出す新感覚グルーヴを体感してください。 また、「Black Rose」レギュラー陣、トライバルベリーダンスデュオ "e-ch an & MILLA"、人並み外れた身体能力が生み出す空中パフォーマンスチーム "AERIAL ART DANCE PROJECT"、 エンターテインメントガールズバー "体育会☆黒薔薇部" のライブパフォーマンスも一緒にお楽しみください。 ハイブリットなラウンジ・パーティ「BlackRose」を是非、一度ご賞味ください。
[PR]

by salamunagami | 2009-07-31 22:00 | エキゾDJ  

Salam is @El Sur Records Today

 今日は久々にエルスールレコーズで店番してます。暑い中、渋谷に出る用事のある方、コーヒーか紅茶でも(アイスは不可、ホットのみ)差し入れがてら、遊びに来て下さい。
 
 明日の銀座・砂漠の薔薇に来たい方もメールで一報いただければ何か良いことありますよ。
[PR]

by salamunagami | 2009-07-30 12:18 | エキゾな日常  

The final night of Tokyo's Summer Music Fes

 昨日は夕方まで原稿を書き、夜は東京の夏音楽祭のガラ公演へ。25年も続いていた東京の夏も今年が最後。昨日がその最終公演だった。内容は日本人の若い演奏家によるクラシックとタンゴ。オレには19世紀のヨーロッパの音楽よりも、20世紀のブエノスアイレスの音楽のほうが共感出来る何かがある。
 これまで東京の夏は、アルジェリアのシェイハ・リミティやトルコのキャーニ・カラジャ、パキスタンのメヘル・アリーとシェール・アリー、ブラジルのカンドンブレ儀式、去年のエグベルト・ジスモンチにサハラの音、神楽、そして今年は宮古の神歌に大野松雄など、他ではなかなか聞くことの出来なかったアーティストばかりを招聘してくれて、ワールド好きにはなくてはならない音楽祭だった。それがついに今年で終了してしまう。来年の夏からは何を楽しみにしたらいいだろう? GDP世界3位という巨大な経済国日本の首都で、ポップ音楽の公演だけしか行われないのとしたら、あまりにも貧相だ。
 まずはアリオン財団の皆さん、長い間ご苦労様でした。
 終了後は会場で一緒になった和光大学村山和之先生と下北沢で終電まで飲み。
[PR]

by salamunagami | 2009-07-30 10:59 | エキゾな日常  

O-EX Kiwi Papaya Mangos

c0008520_1211219.jpg 今週は端唄俗曲とノルデスチ音楽、レゲエ、ラテンをバックグラウンドにした和製ダンスホールバンド、「キウイとパパイヤ、マンゴーズ」から、座長の廣瀬拓音さんをお招きしています。


http://www.uniqueradio.jp/

Chaadan Mein / Kailasa Kailash Kher

東京のフォフォー~Forro de Toquio~ / キウイとパパイヤ、マンゴーズ

台湾航路 / キウイとパパイヤ、マンゴーズ

バイアォン踊り(カレー味) / キウイとパパイヤ、マンゴーズ

実芭蕉の詩 / キウイとパパイヤ、マンゴーズ

MIRANDA / LA PEGATINA

自由飛 / 陳冠宇

Hohak Carnival / Hohak Band

思想記 / 陳達

The Black Ox in the Field / The Messege Band

老船長的心声 / 陳建年

台湾航路(台語Forro Ver.) feat 阿牧 from 這位太太 / キウイとパパイヤ、マンゴーズ




●Orient Express Recommends July.2009

Imidiwan Afrik Tendam / Tinariwen

FUEGO / BOMBA ESTEREO

Ma Rida / YAS



●World Music Monthly Chart

Let's make the Stevens Cake / Giorgio Tuma

池間口説 / 嵩原清





●Orient Express Sudden death:July.2009

Movement 5 / Moritz Fon Oswardo, Carl Craig, Ravel & Mussorgsky

Aaj Ki Raat / Shankar Ehsaan Loy



■放送日時:7月29日 水曜日8:00~10:00

※ 7月29日 水曜日16:00~ 18:00、24:00~26:00再放送 8月2日 日曜日12:00~14:00再放送

[PR]

by salamunagami | 2009-07-29 12:01 | Radio Orient Express  

Ongaku-Yobanashi Marginal Beats

c0008520_15162385.jpg 土曜の夕方は関口義人さんが主催するワールドミュージックのトークショー「音楽夜噺」へ。今回は大石始君と大阪の吉本秀純君による「マージナル・ビーツの最前線~進化を続ける辺境ビーツの現在とその源流」編へ。クラブDJとしても活躍する若手ライター二人による世界の周辺部のクラブミュージック紹介。僕の和光大学ぱいでいあの授業でも後半に一回こういう音楽の回を開いてみようかな。
[PR]

by salamunagami | 2009-07-27 15:17 | エキゾな日常  

Dick El Demasiado@SuperDeluxe, FilmSchool


先週初来日したオランダ人クンビア・プロデューサー、ディック・エル・デマシアドにノックアウトされた。木曜夜西麻布スーパーデラックスに行くと、奥のほうに松山晋也さん、高橋健太郎さん、石田昌隆さんら、関口義人さんら、大先輩が並び、手前のほうにはロスアプソン山辺圭司さん、DJShhh君、大石始君から、INKの二人まで、とにかくワールド〜オルタナ〜キチガイ音楽の関係者が勢揃いしてる。オオルタイチとスペースポンチに続いて登場したディック・エル・デマシアド。基本的にpowerbook G4からliveで音質の悪いクンビアの「チッチキチッチキ」というリズムを出して、後はマイク二本持って絶叫! なんじゃこりゃ? アホくさ! ヒドい! けど楽しい! 一時間15分、55歳のキチガイオヤジのカラオケ大会に付き合わされたけど、終了後すっきりという、なんとも不思議な体験だった。

c0008520_1447495.jpg 翌朝は僕のラジオにディックがゲストで登場。話がおかしい人で、いつまででも聞いていられる。午後は一旦帰宅して用事を済ませ、7時から京橋映画美学校でディックの講義を聴きに行く。元々コンセプチャルアートをずっと続けていた人で、これまでに行ってきたバカバカしい芸術作品をパウチされたカードと三脚止めしたビデオカメラを使ってローテクにプレゼンしてくれた。架空の実験クンビアフェスティバルとか、気軽な狂気のための協会とか、アーティスト名もファザー・テレサとか多産の修道女とか、名前からして馬鹿げた企画が次々と出てくる!

c0008520_14464396.jpg  進行役の岸野雄一さんの締めの言葉。「自分もこれまでくだらないことを沢山やってきたけれど、くだらないことだけやり続けていいんだ!と勇気づけられました」

トラッシュなビデオがたっぷりのディックのサイト
[PR]

by salamunagami | 2009-07-27 14:47 | エキゾ音楽  

Chocolates from Belgium

c0008520_14143844.jpg 先週は特に忙しかったわけではなかったが、外出が続いたのでブログをアップ出来ずにいた。今からまとめていくつかアップしておこう。
 5月のトルコで会ったベルギー人ベリーダンサーOryantal Evitaから、「セリム・セスレルのパーティーで撮った写真とビデオを送って下さい」とメールが来た。写真はすぐにまとめてyousenditで送り、ビデオは今月になってやっとyoutubeにアップして、dvdrに焼いて郵送した。すると一週間後にベルギー名物チョコレートがこんなに沢山送られてきた。毎日4〜5個ずつ食べても二ヶ月くらい持ちそうです。
[PR]

by salamunagami | 2009-07-27 14:16 | エキゾな日常  

O-EX Masakatsu Takagi

c0008520_2285937.jpg 今週はCD+文庫本作品「タイ・レイ・タイ・リオ」をリリースした音楽家にして映像作家でもある高木正勝さんがゲストです。





■
Orient Express 22. July.2009

Ghana Fenou / Kamel El harachi

Tai Rei Tei Rio / Takagi Masakatsu

Ana Tenga / Takagi Masakatsu

Laji / Takagi Masakatsu

Naraha / Takagi Masakatsu

とぅばらーま 後富底フヂエ、後富底周二

のど鳴らし / ジーン・ウー婆さん

イフンケ / 金屋栄二郎

いたこの口寄せ

大漁唄い込み

girls / Takagi Masakatsu

Omo Hana / Takagi Masakatsu

Mukafu / Takagi Masakatsu




●Orient Express Recommends July.2009

Imidiwan Afrik Tendam / Tinariwen

FUEGO / BOMBA ESTEREO

Ma Rida / YAS




●Oriental Express Head Line

Na Oil / Seun Kuti



●Orient Express Sudden death:July.2009

Slip Away / Pat Metheny Group

Sel Que J'aime / Smadj



■放送日時:7月22日 水曜日8:00~10:00

※ 7月22日 水曜日16:00~ 18:00、24:00~26:00再放送 7月26日 日曜日12:00~14:00



[PR]

by salamunagami | 2009-07-21 22:09 | Radio Orient Express  

Last Night Miyako Chants

c0008520_1211144.jpg 昨夜は待ちに待った宮古の神歌古謡コンサート。一言、本当にすばらしかった。全体は5部に分かれ、第一部は宮古西原のオバア達。草月ホール満員のお客さんを前にしたオバア達、緊張とも驚きとも言える表情でステージに登場し、三人で合わせるわけでもなく、スッと歌い始めた。倍音をたっぷり含んだ声は安東ウメコさんともよく似ている。その声がフロントだけでなく、会場の後ろに置かれたスピーカーによってサラウンドのように響く。すると二列目に陣取った宮古の女性達がオバア達の声をなぞって歌う。これだけでどうにも泣けてくる。実際に最前列には涙を流している人が随分目立った。CDで聞いてはいたけれど、生のオバア達の声すごい! 
 そして第二部は小学四年生の天才歌手譜久島雄太君。記者会見でも元気いっぱいの歌声を聞かせてくれたが、今回はお父さん、お母さんが伴奏をしながら全力で三線を叩くように弾き、歌う。ラージャスターンで会った少年民謡歌手ケイタ君を思い出した。
 第三部は多良間の古謡を女性歌手浜川春子さんが歌う。時々裏声にひっくり返りながらもひそやかに歌う。沖縄というより台湾の少数民族の歌のようだ。
 第四部は現役を卒業したばかりの元ツカサ達五人組、ハーニーズ佐良浜。第一部でオバア達が歌った曲をより力強く、生き生きと歌う。神行事は年間50回以上と聞いているが、こんなにパワフルな神行事がそんなにしょっちゅう行われているとは。
 第五部は西原のベテラン歌手盛島宏。宮古を古謡を手堅く聞かせてくれるが、太鼓を叩く91歳のオバアちゃん友利サダさんの太鼓とお囃子がグルーヴィー過ぎて、主役を食ってしまったまま、最後のクイチャーへ。
 トータル三時間15分、五組それぞれが単独公演を見たいレベルの本当にすばらしいマエストロ達だった。音響もタイムドメインスピーカーYoshii9を各所に配置したワールド音楽系最高のシステム。一部の最初でオバア達の声が後ろからも聞こえて来た時は鳥肌が立ったし、それに反応して客席からも歌声が上がったのだと思う。
 それにしても総合プロデューサーの久保田麻琴さん。二年前には宮古の音楽など全く知らなかったとのことだが、たった二年でこれほどのマエストロ達と次々と出会い、ついには全員連れての東京公演まで開いてしまったのだから、やはりスゴイ人だなあ。いつも色々とご一緒させてもらっているが、今回の宮古もウメコさん級、ケイタ君級だもん。以前同行したモロッコでもシンガポールでも即座にright place, right personにアクセスしていたから。
 今年のベスト・ライヴは宮古の神歌古謡と、今週火曜日の大野松雄さんに決定! 両方とも東京の夏音楽祭だ。
 今日も同じ内容の公演があるが、これからJ-WAVEに出演するので見れない。残念。オバア達の声をもう一度聞きたい! 宮古に行くか?
[PR]

by salamunagami | 2009-07-19 12:12 | エキゾ音楽  

Miyako Chants, Press Conference

c0008520_18374682.jpg 今日の午後は草月ホールにて明日から三日間行われる「宮古島の神歌/古謡」の記者会見へ。西原キャンディーズのオバア達、ハーニーズ佐良浜の元ツカサ達、伊良部の天才少年歌手譜久島雄太君、久保田麻琴さんら、総勢約20名が登場し、久保田さんが一人一人を紹介した後、ユウタ君が二曲を披露。CDやYoutubeでは聞いていたが、生で聞くと本当、子供とは思えない生意気な歌声。ルーマニアのジプシーのマセガキ歌手Ionut Cercelを思い出した。

c0008520_1838119.jpg 記者会見の終了後、タイムドメインスピーカーBauxar社の栗田さんに話しかけられた。なんと今回の公演、久保田さんの要望でタイムドメインスピーカーがたっぷり使われるとのこと。それは面白そう! 繊細な民族楽器や歌を最低限の音量でどう響かせるか? というわけで明日からの宮古公演は音響にも注目です!


こちらが伊良部の天才少年歌手譜久島雄太君。


そしてこちらがルーマニアのマセガキ歌手Ionut Cercel。
[PR]

by salamunagami | 2009-07-17 18:43 | エキゾな日常