<   2009年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

La cuisine Aubergne a Paris

c0008520_16365717.jpg だめ押しに食べ過ぎて撃沈! パルコK君、ジャンゴハタノ君と三人でパンテオン裏のオーベルニュ料理屋へ。K君と僕は食い意地が張りまくっているので、どうしてもシュー・ファルシ(キャベツのつめもの)とポテが食べたくて、三人で前菜としてポテ一皿をシェアし、それぞれがメインにシュー・ファルシ一皿ずつ頼んだ。するとわかっちゃいたけど猛烈な量だった。
 まず18ユーロのポテは22センチの鋳鉄ストーブで山盛り。肉は真っ赤な豚バラ、プレサレ、ソーセージが入っていてキャベツもにんじんもインゲン豆もたっぷり。これだけで日本なら四人分はある。

c0008520_1636143.jpg そして18.5ユーロのシュー・ファルシ。キャベツ半分ですよ! 葉の間に牛の挽肉や出汁たっぷりのキノコが詰まっていて、これも一皿で四人分くらいある。
 それでも野菜が中心なのでなんとか食べたが、ホテルに戻っても胃袋がまったく動いていない!
 朝起きてもまだ腹が減ってない。今回は食い過ぎで反省しました。無理のしすぎは禁物です。イスタンブールでは無理しないように自炊しよう。
 しかし、どちらも素材の味がすばらしい、また食べに行きたいなあ。東京に戻ったら、おぎのシェフに報告して作ってもらいたいな。
[PR]

by salamunagami | 2009-03-31 16:36 | エキゾ旅行  

Le Grand Chanteur de L'Algerian Shaabi a Barbes

c0008520_1681131.jpg そしてパリ二日目は朝からアラブ人地区バルベスへ。エルスールレコーズの仕入れ先でもあるアルジェリア〜カビル・シャアビ専門店へ。店主のゲリルおばちゃん曰く、「ライは歌詞がヒドイし、誰でも歌える、内容がない。それと比べてカビルの歌手達は一枚のアルバムを二年も三年もかけてじっくり作るのよ。歌詞も素晴らしいし、カビルのシャアビを聞きなさい」と色々プッシュしてくる。その中にカメル・ハマディという男性歌手のアルバムがあったので、これは?と聞くと、「カビルの最高の歌手で作曲家よ、待って今すぐ来てもらうから!」とすぐにその場で電話して、10分ほど待つと、髪は真っ白になっていたがジャケのおっちゃんが歩いて登場。彼の活動について色々と話しを聞くことが出来た。ひとしきり話した後、「大阪の近くにカビルの友人がいる。カフェ・ド・フランスというレストランをやっていて、いつかワシを日本に呼びたいと言っているんだ」と。それは神戸のエマニュエルでしょう! 神戸に行くたびにクスクスをごちそうになってますよ! とまあ、こんなバルベスの外れで出会った地元の大歌手と共通の友人がいて驚いた。世界は狭いなあ。バルベス・マジックとでも言いましょうか。カメルさんの写真は手元にないので後ほどアップします。

c0008520_16115953.jpg もう一軒立ち寄ったFassiphoneのパリ支店ではドンシャリ大音量でRAI&Bのノンストップdjミックスcdばかりを売っていた。
 パリではKuduro、Zouk、Rai&Bなど辺境生まれの貧乏エレクトロばかり流れているような.....
 今夜はパリを離れるが、その前にDUOUDのSmadjに会う予定。Smadjは先日イスタンブールのBabyloneでタルヴィン・シンとニラドリ・クマールと三人でライヴをやっていたばかり。タルヴィンとはいつもニアミスばかりで残念! 
[PR]

by salamunagami | 2009-03-31 15:49 | エキゾ旅行  

CDs que J'ai achete a Paris!

c0008520_2573664.jpg 今回(つーか、今日一日)買ったCDはこんな感じ。この写真を撮った後にKhaledの新作"Liberte"もゲット! クドゥロのドキュメンタリーDVDとかナイスでしょう! 
[PR]

by salamunagami | 2009-03-31 03:00 | エキゾ音楽  

Une Nuit a Montmartre

c0008520_2114676.jpg 四日間一緒だったAsa-Chang&巡礼チームとニームの駅で別れ、一人パリへ。TGVで三時間、午後4時にパリ・リヨン駅に着く。風が冷たいし、日差しが弱い。定宿のJules Cesar にチェックインし、荷物を置いて、ロビーに座っているとパルコのK君がマルセイユから到着。元El Surレコーズで現在パリ在住のジャンゴハタノ君に電話すると、今日は日曜なのでクリャニャンクールののみの市に行こうと誘われる。メトロを乗り継ぎ、クリャニャンクールののみの市に。初めてパリに来た1989年以来、実に20年ぶりのクリャニャンクールののみの市。アフリカ〜アラブ系移民達の底なしのパワー、刹那的なパワーに圧倒され、何も買わずに帰る。近くにあるハタノ君行きつけのマヌーシュスウィングが聞けるカフェに行くと、いきなり演奏が始まっていた。僕は知らなかったが、ハタノ君曰く有名なギタリストらしい。三日間日本人音楽家の演奏を聴いていた後、パリに来ていきなりマヌーシュスウィングってのも悪くないな。

c0008520_2143068.jpg シャトー・ルージュ近くのハタノ君の屋根裏アパートに立ち寄り、一休み。尊さん、ハタノ君は立派に暮らしていましたよ!

c0008520_2155149.jpg 夕食はこの付近で日曜でも空いている老舗のブラッスリーNord Sudへ。僕はニームで食べ過ぎてしまい、胃の調子が悪かったので、軽くタマネギのスープに。二人はタルタルとツブ貝。

c0008520_2525461.jpg それでもデザートは頼んでしまう。オーソドックスなメニューということで大好物のプロフィトロールを。

c0008520_2482190.jpg サクレクール寺院まで歩き、夜中過ぎに部屋に戻る。移動と歩きで疲れたので、今回の旅で初めてゆっくり朝まで寝ることが出来た。
[PR]

by salamunagami | 2009-03-31 02:11 | エキゾ旅行  

La cuisine teroir 2

c0008520_156937.jpg
パリに出る前にニームの地元料理をアップしておこう。昨日の昼飯はホウボウのグリル、ジャガイモとディル添え。皮がカリカリに焼けていて美味い!
c0008520_1563821.jpg そしてライヴの後は人気の家庭料理屋Au Plaisir de Marcheでアンドゥイエット。一種のソーセージだが、中身はホルモンつーかモツ煮込みつーか。トルコのココレチみたいな内臓系。腸詰めを切り開くと猛烈な臭い! 火が通ってるのに身が真っ赤! こんなもの食べたおかげで昨夜はほとんど眠れなかった!

c0008520_1555444.jpg ニームの三大観光地の共通チケットを買っていたので、大雨の中、町外れにある塔la tour magneに無意味に登る。雨が降っていて景色は何も見えない。登って初めて、13年前にも登っていたことを思い出した。家に当時の写真があるかも?
[PR]

by salamunagami | 2009-03-29 15:09 | エキゾ旅行  

Junray@Nimes

c0008520_14491525.jpg ニーム劇場で行われたAsa-Chang&巡礼の初ヨーロッパ・ライブは大雨にも関わらず800人を集め、大盛況のうちに終了。これまでに何度も彼らのライブを見てきたが、サウンドのクオリティ、選曲、演奏もベストの内容だった。これを機にヨーロッパからのオファーが増えそう。お疲れ様でした! 一夜明けてこれからすぐにパリに移動です。

c0008520_14495198.jpgとりいそぎ写真はFNACでのショーケースとリハーサルの風景。
[PR]

by salamunagami | 2009-03-29 14:57 | エキゾ旅行  

La cuisine teroir

c0008520_15344015.jpg昨日の食事。朝飯はホテルのバイキング。南仏らしくシャルキュテリー取り放題。
 昼飯は町の中央市場でプロヴァンサルの総菜屋さんを発見。様々な種類のタプナードやブランダード、アーティチョークの芯、鰯のマリネ、ムール貝のマリネなどを二人分買って13ユーロ。お店のおばちゃんにこれに合うワインを教えて下さいと言うと、ついてきなさいと隣のレーンまで手を引かれ、地元のロゼワイン屋に。costiere de nimesのボトルが3.5ユーロ。激安! 魚屋でゆでエビを300gで6ユーロ買い、バゲット一本2ユーロ、締めて25ユーロなり。ホテルに戻り、部屋で食べる。三人分の量だった。

c0008520_15333864.jpg 夕飯は近くのレストランへ6人で行く。前菜のフォアグラがあま〜い! 

c0008520_1534570.jpg もう一つの前菜は地元の名物料理ブランダードを詰めたフライ。ホシダラを戻したペーストね。レストランのカウンターにラベルの貼ってないワインの瓶が無造作に氷水に漬けられている。白ともう一つはほとんどオレンジ色のようなロゼ。これを頼むと、まるでジュースのような薄口のワインで激ウマ! 気づいたら6人で6本飲んでしまっていた。

c0008520_15363227.jpg そして僕のメインはもちろんタルタル! タルタルは当たり外れが大きい。肉が悪かったり、肉が良くてもソースで味付け濃すぎたり、チリが入っていたり。このお店のは味付けが最小限で肉もなかなか美味い! フォアグラとセットで食べると元気になるぞ!
 夜中de de mouseを見て、1時半頃ホテルに戻る。相変わらず時差ぼけで6時には目が覚めてしまう。今夜は巡礼のコンサート。さあ、仕事だ!
[PR]

by salamunagami | 2009-03-28 15:38 | エキゾ旅行  

A Nimes1!

c0008520_22273995.jpg 全日空のボーイング747-400なんて今となっては田舎航空会社しか使ってないデカブツジェットに乗ってパリまで12時間。気圧の調整が悪くて頭痛におそわれつつなんとか到着。

c0008520_22292964.jpg
バスに乗りパリのリヨン駅に着くと、TGVまで一時間も時間が空いていた。いつものことながら機内食にはほとんど手をつけずにいたので、待ち合わせの時間に駅前のブラッスリーで牡蠣1ダースとツブ貝を400グラム、そして白ワインを食べる。生牡蠣激ウマ! 

c0008520_22285591.jpg TGVに乗り込み一寝入りしているといつのまにか目的地のニーム駅。13年ぶりのニーム、夜の駅前は高崎駅の東口、仙台駅の東口より何もない。バスに乗り込み、懐かしい南仏の旧市街に入りこみhotel imperatorへ。荷物を置いて東京パノラママンボボーイズ、三上寛さん一行と近くのイタリア料理屋で夜食。九州のようなすごしやすい気候、久々の南仏だ。お店で一番おすすめの地元ワインをくださいと頼むと、なんと一本18ユーロ! 安い! パリの半額くらいじゃないか? しかも留学時代を思い出す懐かしい南仏の味。チリやアルゼンチンやイタリアのワインが日本では安くて美味いってことになってるけど、オレにとってはこの味がワインの基準になっているんだなあ。丸いボトルの南仏のワインがやっぱり好きだし、デフォルトなんだよね。chateau neuf du papeとか最高じゃん。

c0008520_22291753.jpg12時にホテルに戻り、睡眠薬を飲んで眠るが、三時前にめがさめてしまう。時差ボケは年とともにひどくなるなあ。

c0008520_22312557.jpg これから一休みして夕方からはライヴを見に行く。長時間移動で身体は疲れているけど、勝手知ったる南仏、町も小さいし、言葉もパリより僕にはなじみがあるし、食べ物も美味いし、ワインも安いし、宿の部屋も広いし、何も言うことない。帰りにパリに寄らなくてもいいくらいかも.....
[PR]

by salamunagami | 2009-03-27 22:34 | エキゾ旅行  

L'Expérience Japonaise a Nimes

 3月24~28日に南フランスのニーム劇場で開催されている第2回L'Expérience Japonaise(LEX2009)を取材に行ってきます。ASA-CHANG&巡礼に同行し、帰りはパリにてパルコのK君と落ち合い、アラブ世界研究所やアラブ人街でたんまりCDを買ってくる予定。次回のDJ(4/4浜松です)では新ネタ満載で挑みます。では行って参ります。

http://www.sonore.com/lex/index_jp.htm
[PR]

by salamunagami | 2009-03-25 22:44 | エキゾ音楽  

3.25 Wed.和光大学ぱいでいあ体験講座のご案内

 和光大学オープンカレッジぱいでいあにて開催される「ワールド音楽入門」の体験講座を3/25水曜夜8時10分から45分間のダイジェストで行います。僕は翌朝の飛行機で南仏へ向かいますが、ギリギリまで鶴川で体験講座ですよ!

サラーム海上
ワールド音楽入門体験講座
3月25日水曜20:10〜20:55

詳しくは和光大学オープンカレッジぱいでいあのサイトをどうぞ。
または和光大学企画広報課 044-988-1433まで。
[PR]

by salamunagami | 2009-03-25 20:10 | エキゾ講演&トーク