<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

Icecream Burger!

c0008520_1122472.jpg  毎日暑くて、そろそろバテそうですが、あと数日乗り切れば、来週は極楽が待っているぞ〜! 
 昨夜、約一月ぶりに三茶のベーカーバウンスに行くと、デザートに限定メニューでアイスクリームバーガーなるものがあった。イタリアでは見たことあったが、さて日本でアイスバーガーとはこれ如何に。頼むとこれが激ウマ! チョコクッキーアイスとフランボワーズのアイス、そこにチョコソース、バーガーのバンズは表面を焼いてある。チョコとフランボワーズの組合せは大好きなのだが、これは暖かいバンズと冷たいアイスの温度差も楽しめて最高!
 しかし、このメニューは元々6月限定だったらしく、あまりに好評だったので7月も引き続き限定メニューにしていたという。ということは明日いっぱいでメニューから消えちゃうの? レギュラーメニューに是非入れて欲しいなあ!

c0008520_1123141.jpg こちらは日替わりメニューのイサキのオーブン焼き。いつものことながらベーカーバウンスは美味い!
[PR]

by salamunagami | 2008-07-31 11:24 | エキゾ料理  

July '08 World Music Month in Tokyo!

去年から今年にかけて、しばらくワールド音楽の来日公演がなかったが、この夏は気が付くとスゴイ来日ラッシュになっていた。この夏の東京はワールド祭り! これじゃ仕事をするヒマがないよ〜! ちょっと来日関係を整理しておこう。

6/10 火 アヌーシュカ・シャンカル 紀尾井ホール
6/23 月 チャボロ・シュミット DUO music exchange
6/26 木 ノー・スモーキング・オーケストラ JCBホール
7/1 火 パンチョ・アマート よみうりホール  
7/3 木 エグベルト・ジスモンチ 紀尾井ホール
7/6 日 WORLD BEAT 2008 日比谷野音
7/7 月 モロッカン・シャアビ・ナイト TBA

7/8 火 バルカン・ビート・ボックス DUO music exchange
7/9 水 シンク・オブ・ワンwithキャンピング・シャアビ DUO music exchange
7/12〜13 アマゾン・インディオとサハラ遊牧民と行く奥多摩の森、音楽キャンプ
7/17 木 アリム・カシモフ 王子ホール
7/18 金 サハラの声〜トゥアレグの伝統音楽 草月ホール
7/22 月 宮崎県諸塚村の戸下神楽 草月ホール
7/26 土 ゴーゴル・ボールデロウ フジロックフェスティバル

国籍だけでもブラジル、日本、モロッコ、ベルギー、イスラエル、アルジェリア、モロッコ、ロシアとスゴイことになってるな。中でも「アマゾン・インディオとサハラ遊牧民と行く奥多摩の森、音楽キャンプ」は僕のラジオ番組クルーで行って、番組を作る予定です。

8月以降も色々話が入ってきてます。
[PR]

by salamunagami | 2008-07-31 00:00 | エキゾ音楽  

Best Concerts 2008

 フジロックのゴーゴル・ボルデーロ、今思い出してもすごかったなあ。今年は日本からなかなか出られないでいるのだが、日本にいながらも大当たりなライヴが見られるなあ。毎週のようにオレの2008年ベストの上位が更新されていく。というわけで、勢いで書いちゃうね、2008年のベスト・コンサート!
 
7/28現在の順位は
1位:Alim Qasimov
2位:Emir Kustrica & No Smoking Orchesta
2位:Gogol Bordello
4位:アマゾン・インディオとサハラ遊牧民と行く奥多摩の森、音楽キャンプ
5位:Worldbeat 2008(Think of One, Balkan Beat Box)

海外で見たライヴでは
1位:Pandit Jasraj@Saptak Fes
2位:Shivkumar Sharma & Zakir Hussain@Saptak Fes
3位:Wasifuddine Dagar@Saptak Fes
4位:OMFO(Our Man From Odessa)@Dutch Blend Meeting
5位:Hariprasad Chaurasia@Saptak Fes
[PR]

by salamunagami | 2008-07-28 15:15 | エキゾ音楽  

Wako Paideia Vol.9 Netherland, The frontline of World music

c0008520_23135662.jpg ぱいでいあ受講生の皆さん、アップが遅くなり申し訳ありません。フジロックに行ってきました。さて、前期最後の講義で使った映像を記しておきます。
第9回・オランダにみるワールドミュージックの最前線

1.カラジャ族の儀式
2.トゥアレグ族

3.Stricat (東欧ジプシー+デキシーランド)
3.Ronald Snijder(スリナムのアフロ・インド・ラテン)
4.Ensemble Gending(オランダ人による指揮者入りジャワガムラン楽団)
5.OMFO(Our Man From Odessa 自称旧ソビエト市民の民謡カシオトーンロニカ)
6.Masrap(中国ウイグルの伝統音楽楽団)
7.New Cool Collective(オランダ一売れているクラブ・ジャズ・グループ)
8.Mesechinka(ブルガリアン・ヴォイス+ポップス)
9.Noblues(パレスチナのウード+デルタ・ブルース)
[PR]

by salamunagami | 2008-07-27 23:09 | エキゾ講演&トーク  

O-EX Radio vol.69 Oigoru

すみません! 更新が遅れてしまって。初回放送は終了してますが、再放送は今度の水曜に三回ありますので、是非お聴き下さい。

Unique the Radio

今週は日本を代表するタブラ奏者U-zhaanと、ターンテーブリストDJのL?K?O、この二人による新ユニットオイゴルがゲストです。

『Orient Express<ゲスト:Oigoru; U-zhaan/L?K?O> 』
♫アンデスのポップコーン/チーチャ・リブレ
♫De La Beppin feat.鎮座DOPENESS/Oigoru
♫Hushaby… feat.Yae/Oigoru
♫Cattle Mutilation/Oigoru

『Orient Express Recommends July 2008』
♫Isq - Love and The Veil / Niyaz
♫ペテン師 / Fred
♫Mkana Ween / Myriam Fares

『Orient Express<ゲスト:Oigoru; U-zhaan/L?K?O> 』
♫Live/Ustad Ahmad Jan Thirakwa
♫トゥムリ/ギリジャ・デビ、ザキール・フセイン
♫ノラルカ/「ガッチョディーロ」OST
♫東京レジャー娘/渡辺マリ
♫カリンバ組曲/ボビー・マクファーリン

『Orient Express Masters<パコ・デ・ルシア特集>』
♫プンタ・ウンブリア/パコ・デ・ルシア
♫オリエント・ブルー組曲/アル・ディ・メオラ,ジョン・マクラフリン,パコ・デ・ルシア
♫パティオ・クストディオ(ブレリーア)/パコ・デ・ルシア

♫Borsha Kaal feat.山川冬樹/Oigoru

7月26日土曜日午後2時~午後4時
※7月 30日水曜日午前 8時~10時再放送
         午後 2時~ 4時再放送
         午後10時~12時再放送
[PR]

by salamunagami | 2008-07-27 20:05 | Radio Orient Express  

Weekend in Ginza, Naeba & Takasaki

c0008520_19503614.jpg 金曜は朝9時半にラジオ収録し、一旦帰宅し、夜10時には砂漠の薔薇@銀座でDJ。今回はE-chan & Millaのダンスと、Takasitarのシタール演奏が加わり、オリエンタル〜インド色がいつもより倍増。Takasitar君のアルバム「Jantar Night」は何度も聞いてはいるが、生演奏で聞くと涙腺がゆるむ名曲揃いだ。
 午前3時過ぎに帰宅して、朝8時前に起床。9時20分東京駅発の新幹線に乗り、越後湯沢へ。そう、フジロックに久々に行ってきたのだ。湯沢の駅で、毎年フジロックに行き続けている(しかも超軽装で)友人と待ち合わせ、彼が予約していてくれたタクシーに乗り、12時半に会場入り。友人と一旦別れ、インタビュー場所のカフェに座っていると色んな友人や知り合いに会う。ADFのチャンドラソニックとサイバーにも再会する。

c0008520_1950615.jpg 2時過ぎからゴーゴル・ボルデロウのリーダー、ユージン・ヒュッツにインタビュー。最初はぎこちなかったが、アルバムタイトルにもなっているタランテッラ、そして彼が最近移住したブラジルのマラカトゥ、そしてグナワなど、世界中の伝統ダンス音楽の話になるとお互いに話が盛り上がった。彼の父親はウクライナで初めてのパンクバンドで活動した音楽家、母親はジプシー、だから「ジプシー・パンク」の音楽家になる道しか考えたことなかったとのこと。

c0008520_194997.jpg そして夜はホワイトステージでゴーゴル・ボルデロウのライヴ。ノースモーキング・オーケストラと同じく最高のダサカッコイイ東欧パンクバンドだった。ノースモーキング・オーケストラがストーンズだとしたら、ゴーゴルはクラッシュみたいな。ユージンは田舎のプレスリーならぬ、田舎のジギー・スターダスト。他のメンバーも白髪長髪のヴァイオリン弾きや、ゴツイアコーディオン奏者、そしてピンクレディかチアリーダーみたいな女性ダンサー達。曲も東欧味濃厚で泣けるし、笑いも止まらない程ステージが痛快! 最前列はダイブ&モッシュばかりで、知らぬまに日本のパンクスの間でも支持されていたので驚いた。50分のステージがあっと言う間だった。夜中の二度目のステージが楽しみになった。
 苗場食堂で見たアメリカのオールドタイミー歌謡を歌うジャネット・クラインも楽しかった。別のステージからの爆音に挟まれていたにもかかわらず、バンドのメンバーともども実に楽しそうに演奏し、歌を歌う。ステージの大きさやお客の数なんて演奏に全く関係ないなと改めて思った。逆にプライマル・スクリームやアンダーワールドはお客さんのためにリクエスト演奏させられているような違和感を感じた。本人達が楽しんでいないような。

c0008520_1951465.jpg DJはプリンセス・スーパースターがオレの好みのエレクトロポップばかりプレイし、時々ラップや歌を歌うスタイルでナイス。その次のエロール・アルカンが霞んでしまった。
 苗場食堂で昼間別れたきりだった友人と再会し、夜中三時のゴーゴル・ボルデロウの二度目のライブを見る。小さめの箱だったので入場制限までかかっていた。オレと同様にホワイトステージで見て、もう一度見たくなった人達がこんな夜中にもかかわらず集まったのだろう。パンクス達が飛び跳ね、木張りの床が揺れ、高く積まれたスピーカーまで揺れまくっていた。一回目以上にお客が盛り上がったせいで、ユージン達のテンションも更に上がる。この濃さは尋常じゃない! 


c0008520_19514095.jpg アンコールに応え四時過ぎにゴーゴルは終了。最後にリッチー・ホーティンで一踊りして、5時過ぎにタクシーで越後湯沢に戻り、6時の新幹線に乗り、6時半に実家のある高崎で降りた。7時過ぎには実家で就寝し、午前10時半に起き、両親と昼飯に出かけ、二時の湘南ライナーで東京へ向かい4時半に帰宅。フ〜、金曜の朝から動きっぱなしの週末だった。お疲れ様でした! 
[PR]

by salamunagami | 2008-07-27 19:53 | エキゾな日常  

7.25 Fri Black Rose@Desert Rose

今週金曜は銀座の砂漠の薔薇Black RoseにDJ出演します。今回はE-chan&Millaが出演します。お時間ある方は是非遊びにいらしてください。

日時 ・7月25日(金) 22時〜29時
場所 ・砂漠の薔薇
出演アーティスト(ダンサー)
・E-chan&Milla  http://echanmilla.ninja-x.jp/profile.htm
・Hayati&Azarah http://agehah.com/photo_Hayati_Azarah/photo_001.html

出演アーティスト(DJ)
・サラーム海上 http://www.chez-salam.com/
・AMIGA http://www.electrical-lovers.com/
・若杉誠太郎 http://www.tatsumaki.jp/records/

エンターテインメントガールズバー 「Maneater's Lair」
・maneater http://www.maneaterz.com/
[PR]

by salamunagami | 2008-07-25 22:00 | エキゾDJ  

E-chan & Milla, Takasitar join the Blackrose

 今日は明日のラジオの台本書きと雑誌のコラム書き。明日は午前中にラジオ収録と午後は一旦帰宅して夜のDJのために選曲。夜は銀座砂漠の薔薇で恒例となっているBlack Rose。今回はHayati &Azarahに加えて、E-chan & Millaが出演。そして、日本初のインディアン・ラウンジの傑作アルバム「Jantar Night」で知られるシタール奏者のTakasitarもライブ出演が決定した。Takasitar君の音が銀座のラウンジでどう響くのか興味ある。
[PR]

by salamunagami | 2008-07-24 12:52 | エキゾDJ  

The Edge of Heaven 天国のほとりにて

c0008520_12504153.jpg 毎日暑いっす。昨日は来年正月公開の映画「クロッシング・ザ・ブリッジ」の監督ファティ・アキンの新作「そして、私たちは愛に帰る(英題・The Edge of Heaven)」の試写会に行ってきた。カンヌで脚本賞を取っているが、ヴェンダース以降のスタイルで撮られたアラベスク映画、といった風情で、なかなかにジワジワくる作品だった。
 ドイツ生まれでハンブルグで大学教授をしながらもイスタンブールに居場所を見つけるネジャット、時代遅れの反政府運動を通じて親友(恋人)のロッテを失うトルコ人女性アイテン、30年前にイスタンブールからインドまでヒッチハイク旅行をしたというロッテの母親、反政府運動を支援するふりをして実の所は人身売買ブローカーやってる在独トルコ人達、登場人物達の映画では軽く示唆されただけの面までが興味深く、もっと知りたい!続きは?と思わせるが、それはドイツ映画だけに、さらりと直前でカワされてしまう。う〜ん、ファティ・アキン上手いなあ! もう一度見たい! 
 イスタンブールでは我々も泊まったグランド・オテル・ロンドラがフィーチャーされ、バビロンの近所にある予約しないと入れない老舗居酒屋も使われていた。ハンブルグのクラブシーンではDJはシャンテルが出演していた。そう言えばサントラ盤もシャンテルとシェヴァル・サムだっけ。
 しかし、邦題はあいかわらずスゴイセンスだなあ。「愛」と付けると日本では集客が1.5倍くらいになるのだろうか? こういうタイトルを監督はどう思っているのだろうか? いつも疑問に思う。

 夕方、和光大学ぱいでいあのある鶴川に一足先に向かい、スタバで授業の内容を再考。7時半にぱいでいあに入ると、もう夏休みが始まっているらしく、今日の授業は僕だけだった。こんだけ暑くちゃ授業にもならないってことね。前期最後の授業は「オランダにみるワールドミュージック最前線」。いつものことながら、教材を用意しすぎて、最後の最後は収集が付かなくなってしまった。反省。
 終了後は和光の村山先生とアリオン財団の飯田一夫さんが合流し、駅前のまるはばで14人で打ち上げ。受講者の皆さん、前期9回、おつきあいいただきありがとうございました。10月からの後期もよろしくお願いします。店を出る時、まるはばの店長らしき方に「いつもありがとうございます」と言われた。
[PR]

by salamunagami | 2008-07-24 11:32 | エキゾ映画  

ワールド音楽講座受講の皆さんへ

サラームアリクム。
ワールド音楽講座の皆さまへ。
明日は前期最後の回となり、後期まで三ヶ月近くお休みとなります。
なので、明日終了後はいつものマルハバに飲みに行きましょう!
[PR]

by salamunagami | 2008-07-22 16:26 | エキゾ講演&トーク