<   2007年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

Still in Okinawan dream...

c0008520_12192513.jpg東京に戻り、沖縄の余韻に浸る間もなく、早速締めきり生活に戻ってます。とはいえ折角なので、沖縄の写真をもう幾つかアップしておきます。

c0008520_12193526.jpgThe last weekend I was in Okinawa to play the DJ. On the first night there was a big party on the top of Opa building. Indian classical music, baul, flamenco, bellydance, Kathak dance, Tzigani accordion, and DJs. The audience was more than 300 people!

c0008520_1220182.jpgOn the second night there was a private beach party on a beach of a small island near Naha city. The sunset time was brilliant. And when the sun went down, the full moon rose up from the other side of the sea! It was like Ibiza or Sri Lanka. I drank too much Awamori, a local vodka till 3AM and I was like a very psychedelic state of mind. It was an unforgettable party. I miss Okinawa!

c0008520_12201131.jpg
[PR]

by salamunagami | 2007-07-31 12:25 | エキゾ旅行  

Okinawa Shimadelic Weekend

c0008520_16573353.jpg ただ今沖縄から戻りました。
土曜日はOPAのビルの屋上にあるクラブMND。室内と屋外のステージがあって、屋外では20時からインド古典やベリーダンスやカタックダンス、フラメンコ、バウルのライヴ。近くで見たかったけど、ビルの屋上の熱気と300人の熱気とで、ドバイ並みに暑くて、東京から直行したオレは5分見ては屋内に戻り冷房に当たるのを繰り返してました。3時からの僕のDJタイムにはお客さんもだいぶ帰ってしまっていたけど、残ってくれた人達は最後までバキバキに踊ってくれてましたね。サントゥールのジミーさん、アコーディオンのステファンコ、琉球アンダーグラウンドのキースら、出演者も友人が多く、最後まで楽しく過ごせました。5時半にホテルに着いたのですが、まだ夜も明けず真っ暗。東京だと5時半だとビカアって明るくて、あ〜今日も明けちゃったと思うんだよね。

c0008520_16574825.jpg 日曜は昼前に起きだして、お土産の買いだし。アオサ、ラフテー、海ぶどう、削り節、島らっきょう、マルタマのタンナファカクルーなど、5000円分以上も買い込む。一旦ホテルに戻り、昼寝して。夕方にオーガナイザーのIZMIRさんがバンで迎えに来て、那覇の空港の先にある瀬長島で関係者のみの打ち上げビーチパーティー。夕陽が海に沈む砂浜にDJブースを設置して、バーベキュー&酒盛り。湘南や辻堂でもビーチパーティはやってるけど、沖縄の海は別格。なんつーかイビサ島(行ったことないけど)とか、デュラン・デュランの「セイヴ・ア・プレイヤー」のビデオクリップみたい。それって褒めすぎ? いやマジの話。僕の写真じゃそんな感じしないでしょうが。僕は8時から9時過ぎまでDJプレイ。色が刻々と変わる空を見ながら、DJなんて初めてやった。僕の後はステファンコがレアなバルカンビーツばかりプレイして、その後もテクノ、トランスのDJと続いて夜が更けていった。その間に満ちていた潮が引いてたり、花火やったり、焼きそば作ったりとまったり。泡盛飲んでるから、時間感覚がなくなって、気づくと夜中3時になっていた。ホテルに戻ると4時前。翌朝早いのに! 

c0008520_16581025.jpg ビーチパーティに集まっていた人達は、元々沖縄の人だけでなく、東京を経てUターンした沖縄人、本土からの移住組、外国人、宮古島から遊びに来た女の子、石垣島在住の音楽家、東京から奄美大島など島を巡って数日前に沖縄本島にたどり着いたバックパッカー、そしてツアー中のジミーさんやステファンコ、東京からパッと来て帰るオレ、など色んな人がいて、沖縄は他の日本の地方と比べて随分人の動きがあることを実感しました。ほんの二日間だけだったので、あまり多くの人と話が出来なかったけど、本土出身者がどういう理由で島の人になるのかとか、すごく興味がある。思えば島に住もうなんて生まれてこのかた一回も考えてみたことなかった。だってオレは東京の人の多さになぜかホッとするくらいだから。ニッチなライターは人が多い所でないとやっていけないわけで....オレは東京でしか暮らせる自信はないな。
でも、今回知り合った方でmixiやってる方、是非マイミク登録お願いします。島の生活を覗き見したいので。宮古島の明け方の写真とか見たいです!


c0008520_16583335.jpg

 IZMIRさん、皆さん本当にありがとうございました。また近いうち!
[PR]

by salamunagami | 2007-07-30 16:58 | エキゾDJ  

28th July, Al-Hambra in club MND Okinawa

c0008520_18132241.jpgそして今週末は初の沖縄にてサラームDJ! 共演はサントゥールのジミーさんと三週間前に大阪でも会ったステファンコ、そして何度もインタビューしてる琉球アンダーグラウンドのキース。三年ぶりの沖縄ですが、空港から市街までモノレールで行けるようになってるのかしら。着いてすぐに花笠食堂の味噌汁定食に行けるように、昼飯食べずに飛行機に乗らねば!

沖縄のエキゾ音楽好きは是非お立ち寄り下さい!

ーAlhambra アルハンブラー
インド中近東スペイン〜音楽と舞踏の千夜一夜
7/28 (sat) clubMND 20:00

悠久の大地を遥か西へ。。。
インド、中近東、スペインに至る音のシルクロード。
DJとVJ、音楽と舞踏が交錯する夢の一夜。。。

DJ.サラーム海上 [よろずエキゾ風物ライター]
DJ.Keith Gordon[琉球アンダーグランド]
DJ.イズミル・ハーン[Saturday Arabient]
VJ.LOVE upopo LABO

コウサカワタル&グンデル三線&インド紙芝居劇場
インド宮廷音楽/宮下節雄、若池敏弘
インド古典舞踊/直原牧子
中近東ベリーダンス/Anze.S with ISIS ODA
フラメンコ/松田いちえフラメンコスタジオ
ジプシー音楽アコーディオン/Stefanco
インド吟遊詩人の唄バウル/ナラヤン

ヘナ・タトゥー /DAN from US
インド料理屋台/カマール
アラビアンパイプ/Beach Rock Village
ほか多数!!!!!!!!!!!!!
CLUB MND (クラブムンド)
沖縄県那覇市松尾2-8-19 那覇OPA 7F
098-861-9907
Door Open PM8:00 /2500yen(ドリンクオーダー別500yen)
 
全席自由席(120席)です。当日は混雑が予想され、立見になる場合もあります。
また、来場者多数の場合、入場制限をする場合があります。あらかじめご了承ください。
当イベントではスタッフ以外の録音、撮影行為は一切禁止させて頂きます。
お問い合わせは 090-7928-2008 izm927@nirai.ne.jp  
[PR]

by salamunagami | 2007-07-28 20:00 | エキゾDJ  

Bollywood night @The first bar

在日インド系のNさんに依頼されて、明日の夜、六本木のバーにてボリウッドDJをします。
早い時間から終電まで一人でDJとのことなので、ユルユルやります。お近くの方どうぞ。

The First Bar Bollywood Night
25/July, 18:00~Late
Entrance: Free
女性:オールドリンク500円。(シャンパン、レッドブルウォッカ、生ビールは対象外です)
男性:瓶ビール500円。(他のお飲み物はメニューどおりです)
http://www.thefirstbar.com/
[PR]

by salamunagami | 2007-07-24 17:36 | エキゾDJ  

Let's Trance & 修行せよ!

c0008520_1405915.jpg ムサフィール、カルチャー・ミュージカル・クラブ、ラヴィキランと三日連続コンサート。そして昨日は和光大学にてスーフィー音楽レクチャー、昨夜は地中海vacances、戻りは土砂降りの今朝6時過ぎでした。
 
 水曜日、ムサフィールは友達だし、もう何度も見てるので新鮮さはないけど、大道芸っぽさと超絶技巧のバランスが安定してる。ただ、公演時間が1時間45分とちょっと短かった。ドイツでは3時間公演を観たし、彼らの家や部屋を訪ねると、フル編成ではないものの、一時間半くらい演奏してくれる。長さ的にちょっと物足りなかったという話を数名から聞いた。サワン・カーンの歌声やチョゲ・カーンのカルタールなど見所は多いだけに、もう2〜3曲やってくれれば、誰もが満腹したんじゃないかな。
  
 木曜は午前中に英会話、お昼から文化放送の代理店向けプレゼンに出席し、150名ほどの前で自分の番組について話す。こういうプレゼンは初めてなので、反応等は僕にはわからない。午後はムサフィールのメンバーをひき連れて原宿の100円ショップ〜ビックカメラ〜ドンキホーテへ、ショッピングのアテンド。途中からヒンディー語の出来る村山先生が来てくれて、一安心。
 夜はCCレモンホールでカルチャー・ミュージカル・クラブ&ビ・キドゥデ。アラブ音楽(弦楽)から始まって、後半はヴードゥーのような太鼓&歌。アラブと東アフリカとインド洋の香り。ヌビア〜スーダン〜エチオピア〜タンザニアと繋がる、日常的にアラブ服を着た黒人文化の音楽だ。サカキマンゴーさんや沢山のアフリカシンパ達が舞台まで行ってダンサー達にお捻りを渡し、現地気分を盛り上げてくれる。でも、もうちょっと小さめのホールでスタンディングで見たかったかも。野外とかね。蒸し暑そうな場所で。着席と立ち席の二公演とかね。後半のほぼルンバみたいな太鼓コーラスだけのダンス音楽とか聞いて、この音楽が現地ではどんな環境で聞かれているのか知りたくなった。I want Taarab much more! いつかザンジバルのフェスティバル行く? マンゴーさん連れてって!

c0008520_142359.jpg 逆に翌日に、銀座王子ホールで行われた南インドのチトラヴィーナ奏者ラヴィキランは、ジメジメした東京の気候とカルナーティック音楽がとても相性良し。王子ホールもチェンナイに幾つもある新しい音楽ホールみたいで、外は蒸し暑いのに、中に入ると寒いくらいってのもチェンナイみたいだ。これで安っぽいインドのお香が焚かれていたら、100%チェンナイそのままだ。
 演奏は外国向けということで短くされていたが、30分の曲と45分ほどの曲もやってくれた。演奏はもちろんすばらしいが、インドで聞くのに慣れていると、全力投入してないことはわかってしまう。それでも、演奏そして場の雰囲気まで含めると、ムサフィールよりも、ビ・キドゥデよりも、インド古典音楽が強いなあ。
 フライヤーの解説で、ラヴィキランは僕と同年同日生まれということが判明した。
 
 そして土曜は、午後三時から和光大学ぱいでぃあにて、僕と村山先生の「注目すべきスーフィー音楽との出会い」。受講者の数はなんと70名を越す人気授業となった。内容は前回のアップリンクでの「エキゾ夢紀行」を一時間半に縮め、少しずつ新映像を増やし、全体の構成を大幅に変えた。僕の上映会に何度も来ていらっしゃる方には、もう何度もお見せしている映像だが、今回初めての方も多かったようだ。
 今回のグナワ・フェス調査で、絨毯屋のユーセフに言われた「レッツ・トランス!」の話がウケた。詳しくはここを。
http://salamuna.exblog.jp/6372943
 村山先生の師匠(グールー)、和光大学表現学部長の松枝到先生が話を締めてくれた。松枝先生はオ@マ・ビン・ラ@ィンの親戚かと見間違うような男前で、イスタンブールの路上を歩いていて、見知らぬオヤジに「集会はこちらです」と話しかけられ、なぜかスーフィーの集会に案内されたことのある強者。 

「スーフィーというと遠い国のことのように思われるでしょうが、例えばコーヒーは、スーフィー僧が眠らずに修行を続けられるように、コーヒー豆を口の中で噛んで修行に励んだことから広まったんです。
 こうした音楽を知るために、我々もどんどん修行しましょう」

 今回の授業は「レッツ・トランス&修行せよ!」がまとめの言葉となった。

c0008520_1425633.jpg 夕方5時からは、鶴川駅近くの「まるはば」という居酒屋で飲み。「まるはば」とはアラビア語の挨拶。授業でも「オーラ、マルハバ! オーラ〜マルハバ!」と歌うグナワの映像を紹介した。お店の人に「この店はなんでまるはばなんですか?」と聞くと、しばらくして「アラビア語でようこそって意味なんです」との答えが返ってくる。すると我々、「それは知ってます。なんでそんな名前を付けたのかを知りたいんです!」とお店の人を困らせる。イヤな客だなあ。
 松枝先生のありがたいお話しを一言も聞き漏らさないように、小声に耳を傾けていたら、いつの間にか5時間も経っていた。

c0008520_1433551.jpg10時過ぎにお開きにし、渋谷のファブリックへ向かう。「地中海ヴァカンス」だ。11時半に到着し、僕の出番は3時45分から5時まで。先長いなあ。
 日曜は朝7時就寝、午前11時に起き出し、テレビブロス&レコードコレクターズのレビュー原稿、フー、働き過ぎだよ、オレ。酸欠と寝不足がスーフィー的なトランスをもたらすとしたら、今週のオレはその境地に至ったとしてもおかしくはないかも。
[PR]

by salamunagami | 2007-07-23 01:44 | エキゾ講演&トーク  

21/July MEDVACANCES in Shibuya

c0008520_16533839.jpgそしてその晩遅くには
MEDVACANCES 〜地中海ヴァカンスのCDリリースパーティin 東京です。ゲストDJにCDにも収録されているオーストリアのバルカン・ビーツ・グループ !デラダップのスタニ・ヴァナが初来日します。

MEDVACANCES〜地中海ヴァカンス〜CD RELEASE PARTY !
2007-07-21 (SAT.)
23:30 - 5:00
@ LA FABRIQUE (www.lafabrique.jp)

GUEST DJ : STANI VANA ( ! DELADAP) FROM AUSTRIA
Prague born, Vienna based producer & DJ, Stani Vana formed !Deladap
as a seven member live ensemble in 2003.
As !Deladap continues to evolve as a creative platform for a Gypsy rooted,
Central European world sound, Stani Vana has gained popularity all around Europe,
especially in Eastern Europe.
Medvacances hosts his Japan debut for a set of gypsy music with a twist of electronica.

Stani Vanaは「ジプシー音楽とエレクトロニカの癒合」をコンセプトに2003年に! Deladap(デラダップ)を結成して以後、東欧を中心にヨーロッパで高い人気を博しているDJ&プロデューサー。 MEDVACANCES CDに「!Deladap」のトラック収録を記念にStani Vanaが初来日で、ゲストDJとして登場します。

DJ'S:Syril, Salam Unagami , Jun Morita
VJ':Flugtag
OUZO & OLIVES: Niphel Japan

お得! CDに21日のリリースパーティ入場割引カードが封入!
ご入場の際、カードをお見せして、3,000円の入場料が2,000円(1D付)となります!
CDをまだ購入していただいてない方、21日までお買い求めください!
Release party entrance discount card inside the CD !
Show the card when you come to la Fabrique and get 3 000 yen entrance for 2 000 yen (with 1 D) If you don't have the CD yet, get it before July 21st !!

選曲試聴&情報/Tracks listening and information :www.medvacances.com

追記・当日のDJスケジュールです。
23:30 -- 0:45: Dj Jun Morita
0:45 -- 2:00 : Dj Syril
2:00 -- 3:45: Dj Stani Vana
3:45 -- 5:00: Dj Salam Unagami
[PR]

by salamunagami | 2007-07-21 23:30 | エキゾDJ  

Meeting with remarkable sufi music

モロッコ、大阪、仙台と続いてきた7月、今度は和光大学ぱいでぃあホールでのビデオレクチャーです。

21th/July 和光大学レクチャーコンサート
注目すべきスーフィー音楽との出会い
サラーム海上さんとイスラムポピュラー音楽を楽しむ

2007年7月21日(土)15:00~17:00(開場:14:30)
会 場:和光大学ぱいでいあホール5階(小田急線鶴川駅から徒歩3分)
受講料:無料(申込み不要) *1ドリンクサービス
出 演:サラーム海上(よろずエキゾ風物ライター) / 村山和之(和光大学兼任講師)
司 会:野々村文宏(和光大学専任教員) / コメンテーター:松枝到(和光大学専任教員)
主 催:和光大学 / 共 催:川崎市教育委員会 
後 援:川崎市麻生区、町田市

問い合わせ先:和光大学企画広報課 〒195-8585 町田市金井町2160
TEL:044-988-1433 FAX:044-988-1594 E-mail:open@wako.ac.jp

村山 和之 (むらやま・かずゆき)
1964年生。和光大学兼任講師、オープン・カレッジぱいでいあ「ヒンディー語の世界」講師。専攻は南西アジア文化研究。大学では「アジアの芸能」を担当。パキスタン留学中に諸部族語を学び、以降一貫してバローチスターンを拠点に、宗教、芸能、言語文化を追究している。スーフィー音楽では、カッワリーとよばれる南アジアの集団歌謡に注目しており、最新調査でもカッワーリーを扱っている。共著に『現代パキスタン分析』(2002 岩波書店)、サラーム海上氏監修のCD『クラブ・ボリウッド』(2005 ソニー)ではヒンディー語歌詞の対訳を担当する。

【会場案内図】
和光大学ぱいでいあホール(近隣の駐車場をご利用ください)
所在地:町田市能ヶ谷町197 鈴木ビル5階
交 通 :小田急線鶴川駅 徒歩3分
[PR]

by salamunagami | 2007-07-21 15:00 | エキゾ講演&トーク  

Musafir arrived Tokyo

c0008520_0311285.jpg雨の中、今日はインタビューのため原宿へ。インタビューしたのはアンダーワールドのカール・ハイド。媒体はマックパワーなので、新作のことではなく、マックを使ったクリエイティビティについて。スーパースターのはずなのにすごくオープンな人だった。

c0008520_0312529.jpgそのまま渋谷に戻り、今日東京に到着したムサフィールに会いにホテルを訪ねた。フロントからハミッドの部屋に電話すると誰も出ない。続いてチョゲの部屋に電話しても誰も出ない。サワン・カーンに電話すると初めてインド人が出たが、英語が通じない。そのまま待ってるとハミッドが電話に出た。部屋を訪ねると狭い部屋にメンバーが集まって、なにやらダベッている。英語の喋れないインド人やパキスタン人の音楽家は一様にホテルから出たがらないのだ。再会の挨拶を住ますと、夕食にピザを取ってくれと頼まれ、電話する。日本のこういうサービスは電話番号も値段も全て日本語でしか書いてないから、彼らだけでは頼めないのだ。ピザを待っている間、ハルモニウムとドーラクとサーランギを持ち出して、その場で演奏が始まった。観客はオレだけ。去年シンガポールでも同じ状況になったが、ハミッドにはいつもこうして良くしてもらってしまう。もちろんピザ代くらいオレが出しますよ。明日は渋谷O-Eastで彼らのコンサート。
[PR]

by salamunagami | 2007-07-18 00:32 | エキゾ音楽  

18/July, Musafir plays at O-East

c0008520_12544664.jpg 僕の本「PLANET INDIA」のジャイプール編に登場するラージャスターンの大道芸楽団ムサフィールが初来日中、水曜に渋谷O-EASTにてライヴを行います。翌19日はザンジバルのターラブもあるし、20日は南インドのヴィーナ奏者ラヴィキランと続く。今週は音楽三昧ですなあ。
My Indian friends from Rajasthan come to play in Tokyo this wednesday. Musafir is a Rajasthani folk music and dance groupe. Very multicolor layered music from Tar desert!


c0008520_1254247.jpg 砂漠の夜を思わせる弓奏楽器サーランギの官能的な音色、厚い信仰心を乗せた躍動感ある宗教歌、アクロバティックな口琴モールチャングや木製カスタネット=カルタールの即興演奏。あっと驚くファキールの曲芸。伝統芸能と音楽の宝庫ラージャスターンから来たムサフィールが日本の夏を極彩色に彩ります!

c0008520_12551030.jpg日 時2007.07.18 (Wed)OPEN:18:00 / START:19:00
会 場Shibuya O-EAST
出演者
Hameed Khan(ハミッド・カーン) Tablas / artistic director
Sadiq Khan(サディーク・カーン)Sarangi サーランギ(ラジャスタンのチェロ)
Chugge Khan(チョゲ・カーン)Kartal, Murchang, bhapang
カルタール(木製カスタネット) / モールチャング(口琴) / バパング(ラジャスタンの一弦楽器)
Jamil Khan(ジャミール・カーン)Singer ヴォーカル
Sardar Khan(サルダール・カーン)Sarangi & Singer サーランギ(ラジャスタンのチェロ) / ヴォーカル
Butta Khan(ブッタ・カーン)Dholak ドーラク(北インドの両面太鼓)
Supki(スプキ)Dancer カルベリヤ・ダンサー(ラジャスタンの民族舞踊)
Ashok Kumar Pahariya(アショク・クマール・パハリヤ)Fakir ファキール(修行僧、大道芸)

c0008520_12553382.jpg料 金前売り 5,500円 当日 6,000円(税込み)
オールスタンディング・1ドリンク・整理番号付
チケット発売日2007年5月18日(金)
チケット取扱い
■チケットぴあ http://pia.jp/t/ 0570-02-9999(Pコード:258-403)
■e+(イープラス) http://eplus.jp (パソコン&携帯)
■Shibuya O-EAST 03-5458-4681
お問い合せカンバセーション http://www.conversation.co.jp/ 03-5280-9996 (10:00-19:00)
後 援インド大使館
[PR]

by salamunagami | 2007-07-15 12:56  

Last night talkshow in Sendai

c0008520_21354942.jpg仙台より、台風直撃の東京に戻りました。昨夜仙台で行った「クロッシング・ザ・ブリッジ」公開記念トークショー「イスタンブール番外地」は約70名のお客様にお越しいただき、満員御礼となりました。ありがとうございました。帰宅すると、メールにて「イスタンブール現地で音楽を聞きたくなった」との感想を早速数人の方から頂きました。映画本編も楽しんでもらえたら幸いです。
 さて、仙台のお土産ですが、今回はケントのクッキー5種、ズンダ餅、牛タンのパストラミ、青唐辛子の味噌漬け、なぜか韓国食材店で濃厚な胡麻油、胡麻の葉のキムチ、カクテキ、いただきモノのプラムです。カクテキとキムチ、ご飯に合う〜! ネギを散らした冷や奴に胡麻油が合う〜! 黒胡椒漬けの牛タン一本もウマ過ぎ! 仙台の食材最高!って韓国食材なら東京でも買えるって? いや、出会いこそ大切なのです。
 来週末の沖縄も今から何を買うか楽しみです!
[PR]

by salamunagami | 2007-07-14 21:36 | エキゾ講演&トーク