<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

Tonight & Tomorrow Sakaki Mango

c0008520_13234323.jpg
今朝、英会話に向かう渋谷の道で、誰かからの電話。関西のサカキマンゴーさんだった。「今日明日と横浜、代官山でライヴをやるんですけど、来ませんか」と嬉しい誘い。だが、今日はエルスール、明日は静岡でDJと両日とも行けないのだ。というわけで都内、横浜周辺の方で親指ピアノにシビレたい人は行ってみてはいかがでしょう。

サカキマンゴー&Limba Train Sound System 看板見せびらかし全国ツアー
05/31(木)横浜市 サウンドシステム
18時半開場/19時半開演 
出演:ZION JAZZ PLAYERS
サカキマンゴー&Limba Train Sound System
DJ:関口義人
場所・前売・予約・問合:横浜 THUMBS UP http://www.terra.dti.ne.jp/~stoves/tup/サムズアップ 横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル3F  tel:045-314-8705 
料金:前売・予約2500円/当日2800円

06/01(金)東京都代官山 サウンドシステム
19時開場/20時開演
場所・前売・予約・問合:晴れたら空に豆まいて
〒150-0034 渋谷区代官山町20-20モンシェリー代官山B2
TEL:03-5456-8880 FAX:03-5456-8881
前売・予約:2500円/当日3000円
サカキマンゴー&Limba Train Sound System
サカキマンゴー(親指ピアノ、歌)
美谷真希(ベース)
田中良太(ドラムス)
DJ:海老原政彦
[PR]

by salamunagami | 2007-05-31 13:22 | エキゾ音楽  

Sitaar Tah! vs. Tabla Dha at Liquid Loft

c0008520_1443918.jpg
先週金曜はリキッドロフトで行われたSitaar Tah vs. Tabla Dha feat. アルナングシュ・チョードリー。リキッドロフトではインド(古典)音楽は初めての試み。雨にもかかわらず150名のお客さんが集まった。第二部のヨシダさん、U-zhaan、チョーさんのトリオ演奏、ヨシダさんの超絶速弾きと火花飛ばし合うU-zhaan、チョーさんのタブラ合戦がスリリングだった。僕はDJ&映像係で参加し、朝6時半まで立ちっぱなしで翌日は一日中寝てました。

c0008520_14431746.jpg
雑誌_ATESの連載で料理のコラムを書いているんだけど、最近海外に出ていないので、ネタに詰まって、どうしようとなやんでいた所に今回のチョーさん来日。そうだチョーさんはカルカッタ生まれだった。カルカッタ料理と言えばカルカッタ・チキン・エッグ・ロール。チョーさんに聞くと、大好物とのこと。最初に僕をロール屋に案内してくれたU-zhaanに聞くと「ロールのことなら何でも聞いてよ。オレ、日本で一番ロールについて詳しいから」とのこと。料理の途中のプロセス写真までは撮ってはいたが、ちょっと曖昧だった作り方もU-zhaanが完璧に覚えていた。早速昨日作ってみると、カルカッタの屋台で食べるより数倍美味いロールが出来上がった。
U-zhaanありがとう! ダテにロール二本同時買い食いしてないな! さて、どんな料理かは7月10日売りの_Atesを立ち読みして下さい。
[PR]

by salamunagami | 2007-05-28 15:05 | エキゾ音楽  

Sitaar Tah! vs. Tabla Dha

c0008520_12161097.jpg
シタール30人隊シタール・ター!のライヴ@リキッドロフト! 僕もアンビエントDJとして参加します。リキッドロフトはソファがたっぷりなのでインド音楽を聞くのに最適! 早めにソファに陣取って、日本ではなかなか聞けない「明け方のラーガ」までたんまり味わいましょう! 寝袋持参したら怒られるかなあ?

Sitaar Tah! vs. Tabla Dha
「倍音温泉クラブvol.5 シタール・ター!リリース・パーティー」
2007年05月25日 (金) at LIQUID LOFT
24:00 スタート / チャージ: 2500円 メール予約:2000円

ヨシダダイキチ率いるシタール10から30人バンド、シタール・ター!と、U-zhaan(ASA-CHANG&巡礼)率いるタブラ5人バンド、タブラ・ダーがガチンコ対決!! さらにインドきっての若手実力派タブラ奏者、アルナングシュ・チョードリー(a.k.a.チョーさんfrom デリー)がゲスト参戦!!

LIVE: Sitaar Tah!×Tabla Dha
ヨシダダイキチ×U-zhaan×アルナングシュ・チョードリー
Special Guest:Arunangshu Chaudhury(アルナングシュ・チョードリー)
DJ:サラーム海上

Sitaar Tah!(シタール・ター!):
2004年に結成された、ヨシダダイキチ(アラヤヴィジャナ)率いるシタール10?30人バンド。05年 ROVO主催のMan Drive Trance@リキッドルームに出演。06年 ニューヨークのaRCHIVE recordingsからCDデビュー。同年5月にUAをゲストに招き、アサヒ・アートスクエアを超満員に。他にはバリ・ガムランの第一人者デワ・ブラタ、灰野敬二、アラヤヴィジャナ、山川冬樹、Tabla Dhaと共演している。

Tabla Dha(タブラダー):
ヨシダダイキチ率いるシタール軍団Sitaar Tah! をうらやましく思ったU-zhaan(ASA-CHANG&巡礼)が、日本の若手タブラ奏者の精鋭を集めて2006年に結成。ヨシダダイキチ、Sitaar Tah! をはじめ、UA、藤乃家舞などのアーティストと共演している。最近はU-zhaan抜きでのライブが続いていたが、今回、半年振りに鬼軍曹登場![Tabla Dha are 滝口信勇、池田絢子、藤枝暁、角大地、U-zhaan]

Arunangshu Chaudhury(アルナングシュ・チョードリー):
パンデット・シャンカール・ゴシュとパンデット・シャマール・ボースに師事。また、ファルカバード派、ベナレス派の流派と南インドのリズムからも多くを学び独自のスタイルを確立している新世代のタブラの名手。また作曲家、自身のオリジナル・バンド・インパルスのリーダーとしても活躍。ROYAL FESTIVAL HALL(ロンドン)出演や、SHUJAAT KHAN(04年グラミー賞"Best Traditional World Music Album"ノミネート)、Kayhan Kalhor(03年グラミー賞"Best Traditional World Music Album"ノミネート)等、多くの世界的に著明な伝統音楽家と共演をしている。

メールでのチケット予約は、件名を「シタール・ター!チケット予約係り」とし、 本文にお名前(複数名の場合は全員)と連絡先を明記して下記にメールして下さい。 メール予約は定員数に達し次第締切とさせて頂きます。ご了承ください。
・メール予約:yoyaku@sitaar-tah.org
・シタール・ター!HP: http://www.sitaar-tah.org/

LIQUID LOFT
20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの身分証明書をご持参下さい。(You must be 20 and over with photo ID.)
info LIQUIDROOM 03-5464-0800 www.liquidroom.net

I join as an Ambient DJ for the Sitaar Tah! CD release party on 25th May. Sitaar Tah! is the more than 30 sitar players band. Their music is not only based on Indian classical music, but also avantgarde, minimal, pop, post-rock. A very unique group. And the Tabla-dah, 5 tabla players mininal tablabeat band, Mr Arunangshu Chaudhury, a brightest Indian tabla prodigy join the night.
You can listen to Indian influenced real sitar and tabla in huge relaxing atmosphere at the Liquidloft.
[PR]

by salamunagami | 2007-05-25 12:09 | エキゾDJ  

Metal Headbanger to Transilvania

 三茶のツタヤでずっと長い間貸し出し中だった映画、「メタル・ヘッドバンガーズ・ジャーニー」をやっと借りることができた。12歳以来、二十年以上メタルを聴き続けている米国人人類学者が世界を回り、「メタルはどうして嫌われるのか、一旦メタルを好きになるとなぜ一生聴き続けられるのか」を解き明かしていくドキュメンタリー映画だ。
 ロニー・ジェームス・ディオやアリス・クーパー、アイアン・メイデンやツイステッド・シスターのヴォーカル、ブラック・サバスのギタリストやノルウェーの悪魔信仰メタルバンドなど数十人のメタル音楽家達、プロデューサーや文化人類学者、ファン達が出演し、そのルーツ、環境、サウンド、ジェンダー、宗教、ファンなど様々な角度からメタルを語る。
 結局のところ、最後の最後まで音楽には興味は持てなかったが、(バイキングやロード・オブ・ザ・リングの主人公みたいな輩が真面目に演奏してる姿を見るとどうしても笑ってしまうんだ。ファンの方すみません! 後でブラック・サバスの「ブラック・サバス」やダイアモンド・ヘッドの「Am I Evil」など、気になった曲をフルサイズで聞いてみたが、イントロのギターリフは確かにカッコいいが、ギター速弾きや歌が始まっちゃうと意外と普通のロックに収縮しちゃうし、いずれにせよ男臭すぎてオレには辛い)、ドキュメンタリーの完成度としては「クロッシング・ザ・ブリッジ」に全然負けてない。ともかく、メタルは好き嫌いのはっきりした音楽だが、世界中で多くの人に支持されて、無数のサブジャンルを生み出しながら生き延びているのだから、興味深い音楽でないわけがない。
 世界各国のメタルを集めて「ワールドミュージックとしてのヘヴィーメタル」みたいなビデオ講義があれば聞きに行きたいなあ。「百人町音楽夜噺」でいかがでしょう? あっ、オレの「エキゾ夢紀行」、もしくはオレのラジオ番組でやればいいのか。その場合誰に語ってもらえばいいのかなあ?
 残念なことに借りたDVDにキズが付いていて、ノルウェーのメタル殺人事件の部分を丸ごと10分ほど見ることができなかった。セルDVDだと特典映像も多いらしいから、買って見直したい気分だ。
 ちょうど妻が図書館から「黒魔術のアメリカ」という本を借りてきていて、1986年にアル・ゴア元副大統領の奥さんが中心となって起こしたヘヴィーメタルと青少年犯罪問題を無理矢理関連づけた裁判の話を読んでいた。この映画の中ではツイステッド・シスターのヴォーカルがまさに当時の裁判のことを語っていた。
 一月前に北中正和さんにラジオに出てもらった時、北欧のコルピクラーニという民謡メタルバンドを教えてもらった。一方で木造教会に放火する悪魔信仰バンドもあれば、異教の祭りを祝祭するおとぎ話の登場人物のようなバンドもあるわけだ。
 そして昨日、昨年からずっと待っていたトニー・ガトリフの新作映画「トランシルヴァニア」を観ることができた。細かくはうちの妻がブログで書いているが、これまた異教のシンボルに充ち満ちた映画だった。
 「メタル・ヘッドバンガーズ・ジャーニー」の中でメタラー特有の「グワシ!」みたいな指サインについて、イタリア系移民のロニー・ジェームス・ディオが、イタリアに伝わる邪視返しのサインだと語っていたが、「トランシルヴァニア」でも主人公が手のひらにマジックで邪視返しの目のサインを描いている。
 というわけで、今週は、小さなシンクロニシティ、根本敬さんの言葉で「ピンカラニシティ」がたくさん起こっている。
[PR]

by salamunagami | 2007-05-24 13:56 | エキゾ映画  

Radio Ga Ga

c0008520_1311105.jpgモロッコ旅行が近づいて、番組の溜録りや諸々ラジオの仕事が多い。日曜はJ-WAVE TOKIO 100出演。ファンファーレ・チォカリーアの「ワイルドで行こう」をかけたら、翌日になってCD発売元から電話でお礼を言われた。月曜は僕の番組に出てもらう予定のアリオン音楽財団Iさんと事前打ち合わせ。週末は東京都青ヶ島まで船とヘリコプターを乗り継いで宗教儀礼の調査取材に行くと言う。
 火曜日は写真の通り、シリルのラジオ番組に出演。CD「地中海ヴァカンス」のプロモーションだ。中央区のコミュニティFMで生放送。番組終了後、プロデューサーに資生堂パーラーでビーフカレーをごちそうしてもらう。美味かった。
 昨日は自分の番組の録音で文化放送へ。7/1にakoy afrobeatの新作をリリースするRUDIMENT箕輪さんを招いてアフロビート特集。
 明日も朝一から文化放送で二時間録音。早起きは慣れてるけど、満員電車がつらいよ。
Recenty I have many radio works. Before leaving Japan, we have to make extra programs.
On last sunday, I was invited to J-Wave Tokio 100. My select was Fanfare Ciocarlia's "Born to be Wild". This song is featured on the movie BORAT.
Tuesday, I was invited to my friend Cyril Coppini's program on Chuou ward's community FM.
Yesterday, My own program. I invited M. Minowa, a label "RUDIMENT" ower. He will release Akoya Afrobeat's new album on July. So, Yesterday was the Afrobeat feature.
Tomorrow, I will make my own program again early in the morning.
[PR]

by salamunagami | 2007-05-24 13:18 | Radio Orient Express  

Got a Digital Radio mobile

c0008520_11194054.jpg
デジタルラジオの番組を始めてはみたものの、今まで端末を持っていなかったので自分の番組を聞けずにいた。自分の番組だけでなくケイタ★ブラジル君の番組や333ディスクス、JJazzネットの番組など、聞きたい番組が幾つかある。先月からデジタルラジオ搭載端末の値段を調べていたら、先週あたりから急に下がってきたようので、昨日ついに購入した。これでやっといつでも聞けるようになった。
I started to produce a weekly 2hours radio program which is called "Orient Express" on the "Unique the Radio" station, a sub division of Bunka Hoso in Digital Radio. But, I didn't have a device for digital radio. I could not hear it since the begining.
So, I finally bought one. AU mobile phone with digital radio tuner.
I think the Japanese mobile phone is very very domestic. you can not use it in abroad. very very nitch, but, the functions are very cutting edge and multi. It's simillar to us the Japanese people.
[PR]

by salamunagami | 2007-05-21 11:19 | Radio Orient Express  

Kaho Na Pyaar Hai in Hindi alphabet

c0008520_18174320.jpg
 今週はラジオ録音を二週分まとめ録りで文化放送に二回行った。二回目の昨日はアオラコーポレーション高橋社長を招いての現代キューバ音楽特集。先日来日していたテルマリーの東京公演のライヴ音源も早速かけていただきました。選曲リストは後ほど僕のサイトにアップしておきます。

c0008520_18242610.jpg
 飲みも続いたなあ。月曜は外苑前の高級トルコ料理店Haremへ。木曜は渋谷のんべえ横町のビストロ・ダルブル。そして昨夜は渋谷の火鍋屋。昔、四川省成都で同じものを食べたことあったな。
 ヒンディー語講座今週こそは行かないとと思っていたら、英会話の授業中突然携帯に電話があり、和光大学ではしかにかかった生徒が続出してしまい、今週は休講とのこと。ガク。来週、再来週の金曜はDJで行けないのに〜。それでもヒンディー語のアルファベットを書いて練習してるうちに少しずつ思い出す。実は昔ちょっとだけ勉強したことがあるんだ。でも行った先がタミルナドゥ州だったので、「お前、ヒンディー語で喋るな」と怒られただけだった。とりあえず、映画のタイトルなどから練習。「KAHO NA PYAAR HAI」(愛してると言ってよ)だけは書けるようになった。先長すぎ〜!

c0008520_18173033.jpg
 というわけで一週間があっという間に経っていく。家の近くの緑道では鴨のヒナがあっという間に大きくなっていってるのに。
 今週聞いた新譜。BLASTHEAD, RUBY, BONDE DE ROLE, SAVATH & SAVARAS, GET PHYSICAL, HELLO KOMPAKT, NOW ARABIA10, THOMAS FELMANN, TOBY, FRICTION2, COLEEN, M.I.A., BUGGEDOUT SIMIAN MOBLIE DISCO, ED REC VOL.2, RYUKYU DISKO, GLOBAL DANCEFLOOR、あと何聞いたっけ?
[PR]

by salamunagami | 2007-05-19 18:22 | エキゾな日常  

Cous Cous in Shibuya

c0008520_152236.jpg 二子玉川園のモロッコ料理店ル・マグレブが渋谷の東横のれん街B1f FOODSHOWに5/24まで出店してると聞き、早速昼飯に出掛けてきました。オーナーシェフのヒシャムさんが狭い厨房にいたので挨拶して、野菜のクスクス(950円程度)を頼むとハリラ(スープ)とアッツァイ(ミントティー)をサービスしてくれました。写真はちょっと手を付けちゃった後に撮ったけど、結構量があります。ル・マグレブのクスクスはスムールではなくブルゴルを使っているのがポイント。日本人にはスムールより食べやすいかも。店頭のモロッコサラダ持ち帰り用も美味そうだった。渋谷で昼飯に迷ったら、是非!
 来月モロッコに行くので、カサブランカのホテルは彼の家族が働いている所を紹介してもらう予定。

c0008520_1531643.jpg
[PR]

by salamunagami | 2007-05-18 01:53 | エキゾ料理  

Gnaoua Festival this year...

c0008520_18463087.jpg
 今年の正月にエッサウィラに行き、モロッコの魅力にハマったパルコの菊地夫妻に誘われ、今年10周年を迎えるグナワ・フェスに行くことになった。現在、世界一周旅行中の元bounce編集部大石夫妻も現地で落ち合うことになっている。
 いつものようにメールでプレス申請をすると、担当者は変わっていたが、僕は三度目なので、名前を覚えられていて「また来てくれてありがとう」と早速受け入れの返事が来た。
 今回は僕の単行本のための取材と、ビデオ撮影を行おうと思っていたが、文化放送Unique the RadioのNプロデューサーに話すと、取材時の新たなアイディアを出してくれた。難易度は高いが、面白そうだ。
 スケジュールや参加アーティストは公式サイトにはまだ発表されていないが、今年は10周年で5日間とスペシャル版。まあ誰が出てもグナワはグナワ。音楽も良いけどエッサウィラという場所自体が魅力あるから問題ない。食べ物も最高に美味いし。
 グナワ・フェスの後もモロッコに残り、11年ぶりにアトラス山脈を越えてワルザザートまで行く予定。日中40度のサハラ砂漠に久々に挑戦。というわけで6月中旬から三週間日本を離れるので、今からスケジュール調整が大変です。

c0008520_18465886.jpgI will attend the Gnaoua Festival in Essaouira Morocco in next month. This year is 10th anniversary and 5days and nights issue. I can not wait the programs release.
[PR]

by salamunagami | 2007-05-16 18:47 | エキゾ旅行  

Meeting with remarkable men in the last week

c0008520_1038565.jpg月曜、TVブロスの取材で高田漣さん、星野源さんのセッション録音に同行。その場でキャッチーなメロディーを紡ぎ出す源さんと漣さんのスライドプレイに圧倒される。

火曜、スターパインズカフェにてテルマリー。キューバのヒップホップを生で聞くのは初めて。バックバンドはカナダ人が多いらしく、ともすると通常のジャズファンクっぽくなってしまいがちだが、先進国マナーでないテルマリーのラップが絡むとキューバの新しい音になる。テルマリーのパワフルなキャラが立っていた。

水曜、一日ブロスの原稿書き。
Telmary photo by Jun Takeda


c0008520_10301540.jpg木曜、ノーマッドクラブを主宰するフラメンコギタリスト長尾ゆうたろう君が僕のラジオ番組にゲスト出演してくれた。19歳で日本を出て、29歳までスペインやラテンアメリカに滞在して、ジプシーコミュニティの中でギターを学んできただけに人間力が違う。自分のことを100%日本男児と言っていたが、物腰や視線は半分ジプシー化してるような。話も二時間では足りないくらいだった。
午後は祖母の葬儀のため実家に戻る。弟や従兄弟に久々に会う。

金曜、祖母の葬儀で弔辞を読む。お清めが終了したのが5時過ぎだったため、夜からの和光大学でのヒンディー語会話講座第一回から欠席してしまう。残念。

土曜、突如来日したアトム・ハートにTVBROSとまたまたラジオ用にインタビュー。彼はチリ在住のドイツ人。90年代初期フランクフルトにいた時に出会ったテクノ体験、セニョール・ココナッツでのクラフトワークやYMOカヴァー集の裏話など、とても理知的に語ってくれた。ベルリンの壁の崩壊とテクノの関係、インターネット普及による物理的な距離の消失など、彼の活動には大きな世界の動きが偶然ながら密接に関係していたことを発見した。
AtomTM photo by Yasuhiro Hamasaki
[PR]

by salamunagami | 2007-05-13 10:31 | エキゾな日常