<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

Imperial Palace

c0008520_20493673.jpg10年前モンペリエの学校で同じクラスだったドイツのアンドレアが彼氏と一緒に日本に三週間観光旅行に来たので、10年ぶりに東京で再会! 締めきりの合間をぬって、昨日の午前中は皇居観光に行ってきました。オレも皇居なんて初めて。ちょうど別の友人から電話をもらい、皇居にいると言うと、サラームさんって何か政治活動されてるんですか?と言われた。そんなもんだよね。皇居なんて。でも東京のど真ん中で周りの空は全て摩天楼に囲まれてるのに、そこだけ芝生と桜並木、大都市のど真ん中なのに違う時間が流れていた。
その後秋葉原に行きたいとのことなので、郡山から昨年、秋葉のタワーレコードに転勤になったS君を訪ねた。実は彼とも最初に会ったのは10年前のモロッコだった。アンドレア達とのクラスを終えて、フランスのアパートを引き払ってバックパック旅行に出て、二ヶ月後にモロッコに着き、マラケシュのホテルで沈没してたら、S君が同じ宿に現れたのだ。その後彼とは一月ほど一緒に旅行し、日本に戻ってからもなぜかよく会ってしまう。ちなみにこの時泊まったホテルの従業員達にも一昨年マラケシュで再会した。

c0008520_20512040.jpg2年半の長旅で多分1000人以上の旅人達と出会って、話をしたと思う。でも東京に戻って8年が経ち、今も付き合いが続いている人達は20人くらいいるのかな。つまり確率だけ考えると普段おつきあいさせてもらっている音楽業界や出版業界の人間のほうが旅人達より濃くて面白い人が多いってことだ。多くの人にとっては、旅なんて自分のポジションが見つからないからするわけで、誰にでもやろうと思えば出来る。旅に出ることより、東京で自分のポジションを確立するほうがよっぽど大変ってことなんだろうね。

さて明日は朝から実家に戻り、お婆ちゃんの法事に出て、夕方に東京に戻り、夜はミシャールとレイチェル・ブライスのパーティー@六本木スーパーデラックスでDJです。トライバル・ダンサーってことだから、オレもこないだ選曲した「ベリー・ベリー・ダンス3〜トライバル&ジプシー」を早速使ってみよう。
[PR]

by salamunagami | 2006-03-31 20:52 | エキゾ講演&トーク  

サラームプレート「ハモン・サラーム」をアップします

c0008520_2133995.jpg最近一週間の間に色々なことが起こり過ぎてます。アップリンクは日曜日のことなのだったのに、もう過去のことになってしまいそうなので、忘れないうちにアップしておこう。これが噂のサラームプレート「ハモン・サラーム」です。通常のサラダとは量も味もひと味、つーか二味か三味くらい違いました。

c0008520_2153638.jpgこちらの写真はタベラの船山シェフが生ハムと格闘しているところです。タベラの美味い各国料理は彼の両腕にかかっているわけです。ちなみにシェフの両腕の郷土料理マニフェストなタトゥーと僕のファティマの手のタトゥーは偶然にも同じ彫り師アサオさんの手によるものでした。妙な所でも繋がってました。最近は渋谷ではタベラばかり。月一以上行ってますね。エビとにんにくのオリーブ油土鍋煮込みをまた復活させて欲しいです。
船山さん、次回もよろしく!
[PR]

by salamunagami | 2006-03-31 02:21 | エキゾ料理  

エキゾ音楽入門@新宿朝日カルチャーセンター

c0008520_923565.jpg今度はサラームが新宿の朝日カルチャーセンターにて講師をやります。えっ「音楽ライター養成講座」? そんな訳ないでしょ! オレが人に文章を教えられるはずないじゃん! 違います。「エキゾ音楽入門」です。
ここでは、中原仁さんもサンバ講座を開いていて、毎回講習終了後は皆さんと飲みに行ってるそうです。というわけで僕も終わったら、新宿なんでゴールデン街のクリシュナに皆さんと一緒に行きますか? ロスアプソン襲撃ってのもイイですね。アップリンクが渋谷で行きにくい、日曜午後で行きにくいという方、新宿で平日夜なので是非お立ち寄り下さい! つーかお客さんいないと悲しいので、お近くの方、是非見に来て下さい! 

エキゾ音楽入門   0783335 
講師:サラーム海上(さらーむ・うながみ)

講座の内容: 「エキゾ」とは「ココでないドコか」。そんな何処かへ連れて行ってくれる音楽を探し求めて、ユーラシア大陸を中心にフィールドワークを続ける、日本で唯一のエキゾ音楽ライター、サラーム海上(うながみ)が、古典音楽、民俗音楽に加えて、地元の祭りや最新クラブ・シーンなど、秘蔵の音源や自ら撮影した映像を交えてガイドします。今回のテーマはインドとトルコ。ワールドミュージックという言葉でくくり切れない、現在の現地音楽の生きた姿をじっくりとお楽しみ頂き、参加者の皆さんにも自分なりのエキゾ音楽を見つけて頂ければ幸いです。

日程 内容
第1回:4月20日(木)19:00〜20:30:謎と神秘のインド音楽
古典から映画主題歌、クラブDJ、大道芸人まで

第2回:5月18日(木)19:00〜20:30:イスタンブール・アンダーグラウンド
スーフィー、ジプシー、民謡、エレクトロ

受講料(税込み): 2回 会員 5,460円 一般 6,510円 

東京都新宿区西新宿2−6−1新宿住友ビル
都営地下鉄大江戸線 都庁前駅
JR新宿駅西口徒歩8分
電話03—3344−5450
月曜〜土曜日 午前10時〜午後6時(日曜・祝日は休み)

朝日カルチャーセンター
[PR]

by salamunagami | 2006-03-28 09:15 | エキゾ講演&トーク  

昨夜のLa Fabrique&今からビデオ編集

c0008520_15491483.jpg昨夜は来て頂いた皆さん、どうもありがとうございました。昨夜はマイミク登録されていても今までお会いしたことのなかった方や、いつも来て下さる方など、色んな方とお話しできました。写真はセネガルの女性歌手ファニアのライヴです。

c0008520_15501997.jpg昨夜のDJはシリルと僕に加えて、エルスールのお客さんで、アフロマニアの森田さんが参加してくださり、シリルの地中海、オレのインド〜アラブに、アフロ〜ズークまで加わり今までで一番音楽の幅が広がりましたね。
次回からは森田さんもレギュラー参加になりましたので、アフロで踊りたい方も是非どうぞ。次回は5/20です。

c0008520_1551032.jpg最後の写真は今朝5時半、森田さんやいつも来てくれるTJさんらと行った、渋谷のセンター街のラーメン屋にて。白菜やトロトロのチャーシューが入って650円。
さて今から、明日の「エキゾ夢紀行」のビデオ編集です。ブログにコメント書いていただいた方のリクエストに沿って並べるだけで時間は終わっちゃいそうですね。

明日は午後2時開場、2時半開演なのでお間違いのないように!
[PR]

by salamunagami | 2006-03-25 15:54 | エキゾ講演&トーク  

「チャイヤ・チャイヤ」! Club Bollywood全13曲決定!

 c0008520_159612.jpg先日紹介した、サラーム選曲・監修による日本初のリアルタイム・ボリウッド・コンピ盤CD「Club Bollywood」の曲目が13曲確定しました。最後の最後に決まったのはこれです! (正確にはBombay Dreams収録の新録ヴァージョンのほうですが) 発売は6/21なので、まだ充分に時間があるので、全曲リストは追ってアップします。まずは報告まで!
[PR]

by salamunagami | 2006-03-23 15:10 | エキゾ音楽  

サラームプレート次回はハモン・サラーム!

c0008520_1746813.jpg今、アップリンクで無線lanで繋がってます。たった今、今度の日曜26日午後2時半からのエキゾ夢紀行終了後にタベラにて提供する、おなじみサラームプレートの試食打ち合わせをしました。これは毎月一番楽しい仕事です! 役得!
今回は総集編、それに二週間前にパリに行ってきたばかりなので、パリのカフェの定番料理であるサラダ・ド・シェフです。サラダとかカフェとかパリとか、サラーム、資本主義もしくは東京の薄口な生活にヤラれちゃったんじゃないか?とお思いの方、いえいえ、あんたの方が間違ってます!
この料理を見よ! ECCE CUISINE! ECCE HOMMO! ECCE JAMON! 名付けて「ハモン・サラーム!」 スペインの誇るハム、ハモン・セラーノとひっかけてます。日本ではタベラと他にほんの数軒でしか食べることのできない逸品プロシュート・アフミカートをたっぷり使ってます!その他パリのど真ん中マレ地区の老舗系カフェで食べられるイスラエル・マリネも色とりどりに混ざってます。このサラダにフランスパン、ディルを散らしたジャガイモのポタージュまで付いて1400円! パリのカフェで食べたら15ユーロは固い! これはお得です! 限定30食なので、エキゾ夢紀行に来られる方は、ご入場の際、タベラのスタッフに是非ご予約の上、お召し上がり下さい。
[PR]

by salamunagami | 2006-03-20 16:10 | エキゾ料理  

Remember Shakti DVD!

c0008520_10185866.jpg二年越しで執筆中のインド本はあとついに一章で第一稿が書き終わる。最後はザキール・フセインについての章だ。午前中いつものようにカフェで書いていて、家に戻ると、イギリスからフェデクスでRemember ShaktiのDVDが届いていた。やった! と思って見始めると、メインの52分のコンサート自体は限定版の5枚組ボックスに特典としてついていた2000年のボンベイでのライヴそのままの再収録だったが、それ以外に1976年と04年のモントルー・ジャズ・フェスティバル、72年のマハヴィシュヌ・オーケストラ、76年のザキールとヴィクの練習風景、そしてザキールとジョンの最新インタビューなど全部で180分の盛りだくさん! 70年代のL・シャンカール(エコバニの名曲「ザ・カッター」のイントロのヴァイオリンを弾いてる人ね)とヴィクの映像は貴重! 限定盤なので見つけたら即買いだよ!
リメンバー・シャクティはちょうど今フランス・ツアー中で、今夜はパリ公演。先日のパリ滞在時もボルドーでやっていたので、TGV乗って観に行こうかと思っちゃったよ。
先日届いたタラフ・ドゥ・ハイドゥークスのDVDもインタビューやドキュメンタリーが面白かった。(松山晋也さん、石田昌隆夫妻、プランクトンの川島社長らが登場する)やっぱワールド系はCDよりDVDが楽しいよね。

追記・一緒に買ったU-Zhaanから「4千円高い〜と思ったけど、これは4万円以上の価値あるよ! Lシャンカールのグラサンがヤバイ! マクラフリンの共鳴弦張りギターがまるでヴィーナだよ! 上半身裸のヴィクも!」と興奮した電話が今かかってきました。今のところフランス盤のみで限定盤らしいです。欲しい方はお早めに手を打って下さい! もしかしてエルスールに入荷するかも?
[PR]

by salamunagami | 2006-03-20 10:19 | エキゾ音楽  

Very Belly Dance 3~ Tribal & Gypsy

今朝は確定申告を二日遅れでやってきました。フー〜! 
さて、「Club Bollywood」に続いて、もう一つサラームが選曲したCD「Very Belly Dance 3~ Tribal & Gypsy」が5月下旬にアオラ・コーポレーションから出ます。これはMahaさんが選曲して、ベリーダンサーに大好評のシリーズ「ベリー・ベリー・ダンス」の第三弾です。第一弾はエジプト編、第二弾はトルコ編だったので、僕はそれら以外=その他=隙間=エキゾ!ということで、トライバルなヌビアのパーカッション、東欧ジプシーブラス、セファルディーやアシュケナージのユダヤ音楽を中心に選曲しました。なのでタイトルは「トライバル&ジプシー」! 僕自身はベリーダンスは踊れませんが(笑)、多くのダンサー専属DJとして(笑)、そして音楽評論家として、DJ的視点で曲の並びや、曲間の長さ、音質、音圧などにもこだわらせて頂きました。「1」、「2」と比べて、かなり土着的でハードでストイックです。もしかしたら世界初のトライバル・ベリーダンス・コンピレーション盤? いやそんなことはないようですが、間違いなく日本初!
アオラさんのことですから、マハラジャンで先行発売すると思います。トライバルな音の詰まったCDをお探しのダンサーは是非よろしく。
[PR]

by salamunagami | 2006-03-17 16:34 | エキゾ音楽  

Synchronicity or Telepathy

c0008520_15344223.jpgJASRACのイベントでお世話になったパーカッショニストの立岩さんが南インドに行くので色々教えてくれと言われたので、チェンナイの友人シュリニバサン爺さんを紹介する。シュリニバサンにその旨メールを打つと、その日のうちにskypeでシュリニバサンから電話がかかってくる。電話でひとしきり用件を伝えると、翌日メールが届く。「タクヤからのメールを今見た。昨日の電話はメールをもらったからかけたんじゃないぞ。あれはテレパシーじゃ。タクヤからワシにテレパシーが届いたんじゃ」と。ハア? とりあえず「I totally agree with you」と返事を打つ。一応シュリニバサンはドイツに留学してドイツ系の製薬会社に務めるエリート理系のバラモンだ。
 パリでDJ Clickと会うと「今年のグナワフェスティバルにDJとして出演することになったのでsalamも来ないか」と誘われる。他に出演するDJは在英モロッコ系のU-cefとのこと、U-cefには去年グナワフェスで会ってインタビューしていたので、彼によろしくと告げておく。日本に戻りるとu-cefから一年ぶりにskypeで電話がかかってくる。「昨日パリでclickに会ったよ」と言うと「it's a small world」と言われるが別に驚いてはいない。
今回三度目の取材をしたゴタン・プロジェクトのフィリップに「サラームは何処でフランス語を覚えたんだ?」と聞かれ、モンペリエに留学して、ちょうど10年が経つなと思っていたら、10年ぶりに当時のクラスメートだったドイツ人女性アンドレアから「今月末に東京に行くから会いましょう」とメールが届く。どうやってオレのアドレス見つけたんだ?と思い、googleでtakuya unagamiと検索するとモロッコのサイトを発見! そういえば二年前のグナワフェスの時、知り合ったオレと同じ年のジャーナリスト、ハッサンがオレのことを興味持ってくれて取材を受けたんだ。その時の記事がここにアップされてて、そこからオレのサイトにリンクが貼られてた。そこからオレのメアドを見つけたんだな。

c0008520_15351910.jpg  雑誌ラティーナの連載「istanbul to bollywood」のため映画「クロッシング・ザ・ブリッジ」のDVDをドイツ語字幕で見ていると、この映画の日本公開元アルシネテランから連絡を受け、待望の英語字幕版を送ってもらう。原稿を書き上げ、そこに同封された同じ監督Fatih Akinの前々作「太陽に恋して」を見ると、去年行ったオルタキョイの海沿いのモスクや、なぜか皆既日食のシーンもある。翌朝、雑誌スタジオボイスを読んでいると皆既日食トラベラーの記事を見つけ、そういえば今月末にトルコの南部アンタルヤ近郊で皆既日食トランスパーティーがあることを思い出す。近々のDJおよび講演会のスケジュールをサイトに書き足し、新宿の朝日カルチャーセンターで行う「エキゾ音楽入門講座」のページに、「講座終わった後はゴールデン街のクリシュナにみんなで行きましょう!」と書くと、その数時間後にクリシュナのオーナーshihoさんから「週末からトルコの皆既日食パーティーに行ってきます!」とメールが届く。
 トルコ繋がりでオルタキョイの風景を思い出していると、ブロス読者の元イスタンブール留学生という女性から激励&トルコ語表記間違いを指摘してくれたメールが届く。続いてクアラルンプールの久美子さんからもパーソナルなニュースが届き、ウブドのギャラリーgayaからも新たな展覧会の案内が届く。そろそろ7月に取材に行く東南アジア某国のフェスティバル(詳細は追って)のプレス申請をしておけということかも? 今回は友人も一緒に行くから、事前に手配出来ることは全てやっておかないとマズイな。
 オレのサイトもそろそろ英文、仏文の表記を増やす必要があるかも。というワケでなかなか通常の仕事が手に付かない。確定申告はいつするんだろう?
[PR]

by salamunagami | 2006-03-14 15:34 | エキゾ講演&トーク  

my mixiの日記の更新おかしなことになってます

03年から04年にかけて書いたhtml上の日記を全てこのblogに移行させたため、my mixi登録されている方には僕の日記が一気に何項目も更新されたように表示されてしまいます。それは昔の日記なので気にしないで下さい。失礼しました。
[PR]

by salamunagami | 2006-03-14 11:37 | エキゾ講演&トーク