<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

Give me more! FUTON!

c0008520_1185349.jpg昨夜はバンコクの英日タイ混成グループ、FUTONを取材してきました。ヴォーカリストは80年頃日本だけでブレイクしたニューロマ美少年バンド、パナッシュのポール・ハンプシャー。40歳前後の方は当時viva rockとかrock showとかのグラビアで覚えているのでは。その後はサイキックTVを経てバンコクでDJをしていたらしいです。ドラムスは元スウェードのサイモン・ギルバート。もう一人デヴィッドというエンジニア〜ミュージシャンもイギリス人。二人も元ロックスターがいるのに、とても和やかに協力的だったのは、タイにすんでいるからだろうか。ヨーロッパ人と話している感じがしなかったですね。三人のイギリス人が完全なイギリス訛りでロンドンをコケ下ろす会話も面白かったなあ。唯一の日本人のモモさんは日焼けしてるせいでタイ人に見えるし、もう一人のヴォーカリストのタイ人の若者ジーンは僕の友人のカムアウトしないゲイのR君に風貌がそっくりで逆に日本人に見えるくらい。5人組と聞いていたのですが、日本に来る二日前にタイ人のベーシストの女の子が加入して、急遽6人組になってました。このタイ人の女の子が超キュート。以前歌手としてsoi music fesに来たことがあると言ってました。
今日と日曜にライブがあるんですが、僕は今夜も日曜も自分のイベントで行けません。インタビューが上手くいっただけに残念!まあこの一年で4回もライブで来日してるらしいので、来年あたりはフジロックとかでブレイクするかもしれません。今回の取材はブロスの他もサブカル〜カルチャー誌ばかりとのこと。なんでだ! 本来ならロック雑誌が最初に紹介すべき音なのに! 英米音楽じゃないから? レイシズムか? それか編集者が編集部に届く音源だけ聞いてるのかも。まあそれだけで24時間埋まっちゃうだろうし。最近はカルチャー誌とかのほうがおもろい音楽を素早く取り上げてるんだよね。編集者がミーハーに遊んでる分、面白そうなものへの嗅覚があるんだろうね。音楽誌はレコード会社のリリースに左右され過ぎでしょう。でもFUTONは世界中のロックメディアに載らないで、ロックンロール・サーカスから一歩離れた所にいるからピースフルなのかも。やってる音楽はロックの王道の人達より、オレ的にはロックに聞こえるんだけどね。ミュータント、ホモセクシャル、パーティー、エレクトロ、80'S、日本の歌謡曲、タイ語の声調に影響されたメロディーとか全てが。インタビューは4週間後のTVBROSに掲載します。
[PR]

by salamunagami | 2005-10-28 11:08 | エキゾ音楽  

首長国プレート(試作品)

c0008520_10415473.jpg日曜日に、アップリンクファクトリーで行われるエキゾ夢紀行のセット企画「サラームプレート」。昨夜試作品をいただいてきました。早速アップします。暗かったのであまりキレイに撮れていないのですが、一番上から時計回りに、ババガヌージュ(ナスのペースト)、ホンモス(ひよこマメのペースト)、キッベ(羊肉とクスクスの揚げ団子)、ファラフェル(豆のコロッケ)、タブーレ8クスクスとパセリのサラダ)、で真ん中はアッシャというフランスのスパイシーなフルーツのジャムペーストです。当日はこれに豆のスープ、ルビヤとピタパンが付いて、それぞれの料理も更にリファインされます。では明後日よろしくお願いします!
[PR]

by salamunagami | 2005-10-28 10:42 | エキゾ料理  

10/28(金)地中海ヴァカンスVOL.5@La Fabrique

c0008520_204129.jpgサラームのDJ次回は今週金曜夜La Fabrique(渋谷) です。NHKテレビフランス語会話でお馴染み九州弁バリバリのガテン系フランス人SYRILがレジデントDJ。フランス語会話見てる方本物のシリルと話す機会ですよ! ハハハ。今回のスペシャルゲストはAlex from Tokyoです。

MEDITERRANEAN VACANCES PARTY VOL.5@ La Fabrique(渋谷) www.lafabrique.jp 11:30 PM to 5:00 AM

SURPRISE GUEST:DJ Alex from Tokyo
DJS:Musha, Salam Unagami (Orient Express), Syril (Mediterranean Vacances), Fab (Mediterranean Vacances), VJ:Flugtag

Sound Selection
Hip-Hop Marseillais/Turkish pop/Italian House/House Flamenco/Gypsy swing/Rai/YiddishノWell, all musics from Mediterranean and Vacances !

このブログをご覧になった皆さんにスペシャル・ディスカウントを用意しています。
ご来場の際、パスワード「8201」と言っていただきますと、入場料を1,500円(1D付)にさせていただきます!お友達と一緒に是非お越しください。
* パスワードは日本語でも(はち・に・ぜろ・いち)、英語でも(エイト・トゥ・オー・ワン)OKです!
[PR]

by salamunagami | 2005-10-27 02:02 | エキゾ講演&トーク  

首長国プレート報告その一(写真はイメージです)

c0008520_19594075.jpg昨日はブリヂストン美術館主催のインド古典音楽コンサート&レクチャー「ヒンドゥスターニー・サンギート」に90名以上のお客さんがお越し頂きました。ありがとうございます。初めての企画だったので僕の司会にもお見苦しい点がありましたことをお詫びします。お客さんと美術館側にはおおむね好評で、今後切り口を広げながらシリーズ化されそうな動きになってきました。お楽しみに。
さて今週はTVブロスの巻頭特集「イスタンブール裏ガイド」とブロスの通常音楽ページ、それに幾つかの原稿、そして金曜夜はLa Fabriqueで「地中海ヴァカンス」、日曜はアップリンクの「エキゾ夢紀行」と、こんな忙しいのに何ブログなんか書いてるんだろう、オレ。でも書くんだよ!
まず「エキゾ夢紀行」ですが、サラームがこの夏スイスで観たワールド系のコンサートレポートとその帰りに寄ったドバイの砂漠ベリーダンスツアーが中心です。パキスタンのカッワーリー、ボリウッドを歌うゲイのフランス人シャンソン歌手、バングラの帝王、ウズベクの美少女歌手、インド古典の超巨匠、スーフィーエレクトロの女性回転僧ら、未発表ライヴ映像タンマリ。音楽好き、パーティーフリーク必見の内容です。スイスからの帰り道に砂漠でのライブを観る為に入国した“国中が六本木ヒルズな”ドバイの街の衝撃映像も! 本邦初公開映像ばかりです。
そのエキゾ夢紀行とセットで好評なのがアップリンクのレストランTabelaのサラームプレート。先ほど船山シェフと打ち合わせしてきました。今回は名付けて「首長国プレート」! 「オロロロロ〜!」(アラブ女性の喉鳴らし)。タブーレ、ホンモス、ババガヌージュ、タアメイヤ、キッベ、ルビヤなど、アラブ宮廷料理の前菜を中心にロワイヤルでデザートストームでインフィニットジャスティスな湾岸MIDNIGHT料理を提供する予定です。
c0008520_19584172.jpg今日は現物はまだ間に合わなかったので、とりあえずイメージ映像を二種類アップしておきます。木曜夜には現物写真をアップします。(木曜夜はオレの愛するバンコクのグループ、FUTONの取材もあるんですよ。ヴォーカルは元パナッシュのポール・ハンプシャー! パナッシュが好きだったオレは緊張するなあ...って40歳以下には意味不明ですかね)。今回も限定30食。気張り過ぎ&ピタパンも一枚付けるので¥1,500と値段も上がってしまいました。すみません。でも前回まで食べて頂いた方はおわかりのように、この値段で、この量&種類のアラブ料理を食べられる店は僕の知る限り都内にはありません。是非この機会にお試し下さい。今回は夢紀行は夕方4時からなので、終了後のみのサービスとさせて頂きます。
(注・写真はイメージです。)
[PR]

by salamunagami | 2005-10-24 20:02 | エキゾ料理  

SKYPE OUTでAIR DECCAN

c0008520_11255927.jpg毎日毎日ブログなんか書くひまよくあるよ、我ながら。でもお知らせしたいことがあるのですよ〜。
早くも年末年始の話ですが、またまたインドに三週間行ってきます。今回は南インド古典音楽祭を聴きに三度目のチェンナイと、8年ぶりのゴア、エイジアン・アンダーグラウンドのクラブシーンを調べにボンベイ、そして帰りにマレーシアのクアラルンプールで美味い肉骨茶や福建蝦面、ニョニャ料理を食べてこようかと思ってます。
飛行機は12/22のマレーシアエアで成田〜KL〜チェンナイ、ボンベイ〜KL〜成田が諸経費込みで115000円。で問題はインドの国内線なんですが、MIXIの格安航空券コミュに乗っていたAIR DECCANのサイトをチェックしたら、安い! オンラインで予約から支払いまで出来るようなんですが、EXPLOLERの5.5以降対応でマックじゃ先に進めない。仕方ないので友人の所に行きウィンドウズ使ってログインまで成功したものの、なぜか先に進めない。家の近くの漫画喫茶にあるウィンドウズでもう一度ログインしてもやっぱりそれ以上進めない。その間にメールで問い合わせしたら「メールでの予約は受け付けておりません。ネット上の予約か電話をご利用下さい」と返事が来た。
というわけでインドのオフィスにSKYPE OUTで電話した。自動音声対応で番号を押して先に進んで、回線が繋がるまで待つこと三分、南インド訛りの英語を話すお姉さんが対応してくれた。
スケジュールはネットでチェックしていたので意外とスムースに進む。AIR DECCANにはチェンナイ発ゴア行きの直行便はないので、まず早朝チェンナイからバンガロールへ飛び、数時間待って午後にバンガロールからゴアに飛ぶ。ゴアで一週間過ごした後、正月明けにゴアからボンベイまで飛ぶ。日本の代理店と何も変わらぬ速さで、空席情報を調べその場で予約してくれる。
時間がかかるのは日本人の名前や住所の入力だ。僕だったら「TAKUYA, T for Tango, A for Alfa, K for Kerala, U for Ultra, Y for Yellow, A for Alfa」といちいち全ての文字を説明して入力してもらうわけだ。これが通常の国際電話だと音は悪いし、料金が心配でかなりイライラする。自分の名前なのに間違ったりしてね。それでもお姉さんは慣れたもので、ススっと名前、住所、クレジットカードまで入力も済ませ、登録完了までの空いた時間で、こちらのことを聞いてくる。
「インドは初めてですか」
「いや、これが6度目。毎年正月はインドに行きます」
「インドのどこが好きですか」
「音楽、人の良さ、場所ごとの文化の多様性。お姉さんは今どこで電話を受けてるんですか」
「バンガロールです」
「バンガロールは行ったことないけど、今チェンナイに住んでる友人が来年の三月にバンガロールに引っ越します。だから近いうちに訪れるつもりです」
「バンガロールに来たら、是非私のオフィスに寄って下さい」
「OK, Why not?」
「チケットは全てコンファームされました。今メールを送ってます。メールのプリントアウトがe-チケットなので忘れずに持ってきて下さい。ではよい旅を」
「ナンドリ、ナマスカーラム」
あっ、それはタミル語とマラーヤラム語の挨拶だっけ。バンガロールはテルグ語だった。電話を切ってメールを確認するとコンファメーションメールが全ての区間分届いていた。親切なお姉さんに当たって良かった! 
というわけで電話一本で二人分三区間のチケットを予約完了。しめて36400円! 一区間平均6060円! 超安い! エアインディアで日本往復を買っていれば国内線の主要ルートを一区間プラス7000円くらいで買うことも出来るけど、エアインディアでチェンナイに行くには成田〜(バンコク)〜デリー〜ボンベイ一泊〜翌日チェンナイとすごく時間がかかるから今回は避けたのだ。インドの代理店で買ってもインディアンエアやエアインディアの国内線通常便は一区間100〜180ドルくらいする。なので半額以下でチケットを買えたわけだ。クリスマス時期のゴアはホテルの値段とか普段の二倍以上に跳ね上がっちゃうんだけど、まあ飛行機代が安くすんだのでホテル代くらい良しとしよう。ちなみに国際電話はSKYPE OUTを使用。インドまで27分で730円! 国内の携帯電話より安く済んだ!
南インドに行く方は是非AIR DECCANをご利用下さい!www.airdeccan.net
[PR]

by salamunagami | 2005-10-21 11:35 | エキゾ旅行  

ヒンドゥスターニー・サンギート

c0008520_20524887.jpg今度の日曜日午後は京橋のブリヂストン美術館で行われるインド古典コンサートに司会&映像解説で出演します。当初は Kuriharan (ボーカル&シタール)とU-Zhaan (タブラー)の予定でしたが、ご存じの方もいるとは思いますが、U-Zhaanが体調不良のため、ピンチヒッターでアラヤヴィジャナにも参加しているタブラ奏者の瀬川由希夫さんが参加することになりました。
瞑想のBGMなどでインド古典を聞いてはいても、日本ではインド古典の構造や歴史などを知る機会はなかなかありません。もっとインド古典を知りたいという方は是非この機会にご参加下さい。質問し放題ですよ!
130名限定・前売りはまだ少々残っているようです。
開催日:2005年10月23日(日)
開場:14:30開場、15:00開演
会 場:ブリヂストン美術館ホールhttp://www.bridgestone-museum.gr.jp/activities/concert.html
前売券:¥ 2,500(美術館入館券付) 全席自由席
当日券:¥3,000(前売券完売の場合はありません)
主 催:ブリヂストン美術館
後 援:インド大使館
チケット問合せ:ブリヂストン美術館:03-3563-0241
プログラム  シタール、タブラーによる演奏/ 映像解説・インド音楽入門
出演:瀬川由希夫 (タブラー)、Kuriharan (ボーカル&シタール)、サラーム海上(ナビゲーター・映像解説)
[PR]

by salamunagami | 2005-10-20 20:52 | エキゾ講演&トーク  

Alex, C'est toi!

c0008520_1461251.jpgNHKフランス語会話でおなじみ、謎の九州弁ペラペラ・ガテン系フランス人DJ SyrilがオーガナイズするDJパーティー「地中海ヴァカンス」@渋谷La Fabrique。次回は来週の金曜日28日ですが、なんとスペシャルゲストDJとしてAlex from Tokyoが参加してくれることになりました! サラームのDJの相棒は揃いも揃って日本語ペラペラの外国人ばかりですよ。この妙に爽やかな写真は二年前パリで撮ったものです。また美味いクスクス屋に連れてってくれよ! アレックスは今月はずっと東京にいるらしいので、今夜10時渋谷に居る人はマークシティ上の渋谷FMのオープンスタジオを襲撃してください。アレックスがノンストップDJ番組をやってるはずです。
Alex, Salam alikum! C'est toi~! A bientot!
[PR]

by salamunagami | 2005-10-19 14:08 | エキゾ講演&トーク  

Orientのフォトアルバム

c0008520_1562956.jpg もう先々週になってしまいましたが、東高円寺GrassrootsでのOrient Expressのフォトアルバムをアップしました。こちらをどうぞ。ついでにローナ・ハートナー打ち上げやシーバスリーガルのパーティーなどの写真も加えておきます。左の写真は昨夜遅くに三宿の新記で食べた四宝飯¥980です。またも肉づくし!
[PR]

by salamunagami | 2005-10-17 15:06 | エキゾ講演&トーク  

Chivas regal, Gypsy Music, Tabela

c0008520_13343192.jpg木曜はシーバスリーガル主催のカイロ(エジプトの首都)をテーマにしたパーティーにDJとして呼ばれ、回してきました。お馴染みのベリーダンスグループ、サマンヨルもゴージャスに全員出演! オレの周りにいた野郎どもは全員鼻の下伸びきってました。

c0008520_13345444.jpg昨夜はジプシー音楽研究家関口義人さんの新刊「ジプシーミュージックの真実」刊行記念トークショー@アップリンクファクトリー。既に80数カ所のジプシー集落をフィールドワークしてると聞き、改めて行動力、情熱に驚かされました。オレは取材旅行行っても、一カ所長居しちゃうから。関口さんは「自分よりもある一地域のジプシーに詳しい人なら、現地に住んじゃってる人を含めて、多数いるけど、自分のように十数カ国のジプシーを調べている日本人には会ったことない、僕と同じようなことやってる日本人には会ったことない」と仰ってた。その通りですね。日本人って一億三千万人以上いるのに、その中でたった一人。
終了後はアップリンクのレストランTABELAで夕飯。最近TABELA続き。ここは見た目はカフェっぽいんんだけど、クスクスやフェジョアーダ、ジャンバラヤ、写真の野菜盛り合わせなど、何食べても量も多いし、美味いです。僕の知ってる限り、都内で一番安く、満足出来るクスクスを出してくれる店です。デザートも美味いっす。宇田川町辺りで打ち合わせ&食事の方にはオススメしますよ。
さて今からJ-WAVE出演、中目黒までチャリ&そこからメトロで行ってきます。
[PR]

by salamunagami | 2005-10-16 13:33 | エキゾ講演&トーク  

Il m'a donne 2 bouteilles de RAKI

c0008520_18484469.jpg 昨夜は日曜に続きローナ・ハートナー&DJクリックの東京公演。それほど混んではなかったのはCDの出来がイマイチだからだろうな。ワールドミュージック好きにはエレクトロニック過ぎるし、クラブミュージック好きにはベースがいかんせん足りない。でもライブはローナの存在が圧巻! 楽しかった! バンドも見せ場が多かったし。逆にゲストのマハラ・ライ・バンダは生よりもCDのほうがカッチリ音が決まっててポップに聞こえる。ワールド系はCDだけで判断しちゃダメだよね。ローナのバンドは音数の少なめな上手いベーシストが入るとエレクトロニックと生楽器の接着剤の役割を果たして、更に良くなるんじゃないかな。ライブのレビューはミュージックマガジンで書く予定。
 終了後、お約束の打ち上げでDJクリックとグナワフェスティバルやスーフィー音楽の話で盛り上がり、ローナの歌の歌詞を幾つか教えてもらった。12時過ぎに帰ろうとするとクリックに「お土産があるんだ」と言われ、渡されたのはトルコの酒ラク二本。自慢げに「東京で買えるか?」と聞かれたので、「先週土曜日にグラスルーツで飲んで、月曜もトルコ料理屋で飲んだばかりだよ」とオレ。旅先で飲みたいものがないと困るからということでフランスから持ってきたんだろうけど(プランクトン仕切のコンサートでアルコールがナイということはないんだけど)、なぜよりによってラクなんだろう?
 オレは大学の卒業旅行で初めてトルコに行った時にラクを初めて飲んで、「社会人になったら当分トルコになんて来れないし、ラクなんて飲むことないんだろうなあ...」と若さ故の青臭い感傷というか、先見のなさで考えてたけど、今ではトルコなんかいつでも行けるし、徒歩30分圏内にラクを飲める店が何軒もある人生になってる。こうした知り合ったフランス人までオレにラクをくれるし。
 というわけで、7月のトルコ土産の一本を含めると、今我が家にはラクが三本もあります。
[PR]

by salamunagami | 2005-10-12 18:58 | エキゾ音楽