<   2005年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

Don't miss Seu Jorge & Tinariwen!

c0008520_20195.jpg 28日日曜日は、エキゾ夢紀行に沢山の皆さん来て頂きましてありがとうございました。tabelaで用意していたサラームプレートもランチタイムから出してしまい、午後4時には限定30食全て売り切れてしまいました。イベントに来てくれたのにクスクスが食べられなかった方、すみません。次回9/25の夢紀行の際には、午後3時からとか夢紀行終了後頼めるとか方法を考えます。
 さて先週木曜から外出が続きました。木曜日は広島から上京していたOさんと高田馬場のトルコ料理屋Marmaraへ。この日は普段からお付き合いさせてもらっているベリーダンスチームSamanyoluが踊る日で、台風直撃の日だったのでお客さんは少なかったのですが、超キュートなNadiaちゃんが踊ってくれました。Nadiaちゃんのダンスはいつもながらハッピーな気分になります。

c0008520_20246.jpg 金曜は夕方からコンサート。ブラジルのビリンバウに魅せられバイーアに移住してしまったアルゼンチン人パーカッショニスト、Ramiro Musottoの初来日@代官山UNIT。ドラムンベースやブレイクビーツをバックにビリンバウやスルドやクイーカ、サンバホイッスルを5名ほどでバカテク高速生演奏。バックにはノルデスチの山賊やインディオみたいな人達の古い映像が流れ、ヘリテージと現代を混ぜ合わせていることを主張してた。打ち込みに合わせてビリンバウを叩きまくるんだけど、とにかく倍音変化がスゴイ。ディジェリドウやモルシン、アナログシンセのレゾナンスに通じるいわゆるアシッド音。彼らやスイスで見たメルジャン・デデのような打ち込みをベースにしたワールドミュージックのライヴばかり集めて一気に見れたらイイのに。この日見逃した人、逃がした魚は大きいですよ。
 さて今週は木曜日にクアトロでブラジルのアコースティック・サンバ・ファンクの歌手SeuJorge、金曜日はAXでマリの「砂漠のブルース」ことTinariwenです。両方ともマスト! オレのブログを見ているような好事家の皆さんはお金があろうがなかろうが、ヒマがあろうがなかろうが、騙されたと思って見に来て下さい。では現地で会いましょう!
[PR]

by salamunagami | 2005-08-30 20:03 | エキゾ音楽  

Yallah!2&Shanti渋谷のレコ屋では!

c0008520_1561956.jpg おかげさまで僕の選曲したCD二種Yallah! Yallah!2とShanti Shantiが昨日発売になりました。昨夜渋谷のTowerとHMVに寄ったのですが、こんなことになってました。一枚目は渋谷Towerの1F。「マイアヒの次はこれ!」ってのがウレシイじゃないですか! ナス君ありがとう! ここはビデオも流してもらっていて、SNAP"The Power of Bhangra"、Rachid Taha "Rock el Kasbah"、Dania"Cou Cou"、Hakim & James Brown "Lela"等のビデオクリップも見れます。SNAP"The Power of Bhangra"は南インドでロケしていて、ヘッドフォンをした長髪のサドゥがスクラッチDJになり、南インドのアニキ達が汚ねえ路上でブレイクダンスするナイスなクリップです。タワーに寄った際は是非見てやって下さい。

c0008520_1565359.jpg 二枚目は同じくタワーの5Fワールドミュージックコーナーです。こちらは前作Yallah! Yallah!1もちゃんと置いていてくれてありがたいです。小檜山さんいつもありがとう! そうそう、ジャケットの写真は二枚とも僕がインドで撮ってるんですよ。この女の子はジャイサルメールのデザートフェスティバルで御輿に乗せられていたところをパチっと撮った訳で、まさか日本でこんなに引き延ばされてるとは思いもよらないでしょうね。

c0008520_157308.jpg 三枚目のこの仏壇つーか宮殿みたいになってるのはHMV渋谷のワールドミュージックコーナー。担当者の方、前回に続きありがとうございます! ところで、どこでも隣に並んでるのはビクターの「インドカレー屋のBGM」や東京カリ〜番長の選んだカレーコンピ盤なんですけど...ハハハ。番長最近お会いしてませんね。いつかカリ〜対カバブ対決しましょう!
 それから我らがEL SURでも本日から発売してます。先日お伝えしたとおり、EL SURだけの特典も付きます。アップリンクでも日曜日に特典付きで即売しますので是非よろしく。
[PR]

by salamunagami | 2005-08-25 15:07 | エキゾ音楽  

8/28日はクスクスランチ&エキゾ夢紀行

c0008520_115193.jpg 今日は飯の試食というウレシイ仕事で締めました。これはサラームのレシピによるモロッコ料理、ケフタのクスクス&モロッコサラダです。28日、日曜日に渋谷UPLINK FACTORYで開催する、僕のビデオ上映会「サラーム海上のエキゾ夢紀行モロッコ・グナワフェス'05年編」に連動してUPLINKのレストランTABELAで限定30食用意する特別料理です。これは大盛りで100円増し、1000円です。超お得でしょう! TABELAでは普段から羊のクスクスを出しているのですが、僕のレシピはサフランと香菜を強調して、羊肉の代わりに肉団子ケフタを入れ、野菜もカブの代わりに大根を使って作ってもらってます。日本でクスクスを頼んでお腹一杯になった試しがないという方のために(オレか?)大盛りも用意してもらってます。モロッコサラダは人参のマリネはフランボワーズビネガー、ナスはバルサミコ、インゲンはシェリービネガーを使い分けて、モロッコで食べるよりも美味いくらいです。エキゾ夢紀行に来る予定の方も、そうでない方もこれは食べたほうがいいですよ。限定30食なのでランチタイムに終わっちゃったらごめんなさい。

c0008520_1234265.jpg エキゾ夢紀行グナワフェス'05編
お待たせしました! よろずエキゾ風物ライター、サラーム海上によるビデオ上映会『エキゾ夢紀行』を夏の終わりに開催します。
 DVカメラとiBook片手に世界中を飛び回っているサラームの撮影・編集によるエキゾ映像の数々をスクリーン越しに体感し、貴方もまだ見ぬ異国の地へと旅立ってみませんか?
 今回の旅の行き先はモロッコ。モロッコの伝統的な音楽祭『グナワ・フェスティバル』2005年版の最新レポートを中心にお届けします!真夜中のグナワ儀式、リズムに合わせてトランス状態に入る親娘、砂漠のブルースなどなど、今回も奇々怪々、魑魅魍魎な映像てんこ盛り!(写真はイメージです)
 尚、イベント当日はファクトリー併設の世界料理レストランTabelaにてエキゾ・ブランチ・タイムを開催(11:45〜17:00)、サラームのレシピによるサラームランチプレートもご用意します。今回はモロッコ料理、ケフタのクスクスとモロッコサラダ! 限定30食につき早い者勝ちですよ!

8/28(日) 開場17:30/開演18:00(21:00終演予定)
\1,800(1ドリンク付)

UPLINK FACTORY
東京都渋谷区宇田川町37-18 1F  03-6825-5502 http://www.uplink.co.jp
[PR]

by salamunagami | 2005-08-25 01:22 | エキゾ料理  

Yallah! Yallah! 2とShanti Shantiの特典CDR

c0008520_160291.jpg 長らくお待たせしました。サラームが選曲したエキゾコンピ盤Yallah! Yallah! 2とShanti Shantiが8/24ついにリリースされます。内容はこちらのリンクから見て欲しいのですが、渋谷のEl Sur Recordsと8/28に渋谷アップリンクで行われるビデオ上映会エキゾ夢紀行の会場にてお買い上げの方にはサラームが各地で撮影したビデオのCDRを差し上げます。
 二種類ともお買い上げの方にはなんと先月のイスタンブールで撮ってきたばかりの名付けて「イスタンブール番外地」編、一種類お買い上げの方には昨年Yallah Yallah!1発売時に差し上げていた「ラージャスターンの天才子供歌手ケイタ君」編をお付けします。

c0008520_1604851.jpg 「イスタンブール番外地」編にはイスタンブール新市街の民謡(ハルク)酒場でサズを弾き語るオヤジ歌手と、イスタンブール版「モロ・ノ・ブラジル」とでも言うべき映画「Crossing the Bridge」にも出演していた路上のサントゥール弾き語り、そしてイスラーム神秘主義メヴラーナ教団の旋回舞踊セマーの儀式の三シーンを収録。これはもらって嬉しい内容でしょう。
 「ラージャスターンの天才子供歌手ケイタ君」編はエキゾ夢紀行等で何度か紹介しているので、見ていだいた方もいらっしゃるとは思いますが、ラージャスターンの現地向け安ホテルの屋上で突然歌い出した少年ケイタ君の大人顔負けの喉は何度聴いても感動です。
 どちらも僕やEl Surのマックで手焼きしているので、お渡しするのにお時間をいただく場合もあります。ご了承下さい。
[PR]

by salamunagami | 2005-08-21 13:44 | エキゾ音楽  

itunes music storeで買ったのは。

c0008520_1494816.jpg itunes music store使ってみました。100万曲揃ってるってのが売りだけど、まだワールドは欲しいもの全然ないね。USやフランスのstoreではどうなってるんだろうか。で早速買ったのは高校時代に12インチを手にしてから折々に聞いてたのに、10年ほど前に手放してしまい、そのままになってた曲。Soft CellのYou only live twice(007のカヴァー)とLoving You Hating Me(12inch version)。結局オレ、アナログからCDを経てデータになってもいまだにソフト・セル聴いてるんだよね。それとカイリー・ミノーグの最新シングル曲"Giving You Up"のリミックス。最近は偉そうにワールドの専門家ぶってますが、やっぱズビズビ鳴ってる音楽が好きなんだよね。
 しかし128kのAACフォーマットってハッキリ言って音ペラペラだよね。本当150円って感じだよ。CDDAとしてCDRに焼けばまだCDプレイヤー自体のクオリティ次第で音良くなるんだろうけど、ibookのオーディオアウトからDJミキサーに入れると普通のCD(CDDA)と全然音の奥行きが違うもんな。値段だってアルバムが1500円ならアメリカ盤新品とさほどかわらないし、CDが廃盤になっていてどうしても欲しいものとか、itunesで買ったほうがボーナストラックが10曲多いとかじゃない限り、アルバムはCDの現物で買い続けるだろうな。でも12インチ収録の別ヴァージョン、リミックス、アルバム中一曲だけ欲しい場合はは一曲150円で買えるのはうれしいね。今までたった一曲のためだけにアルバム買ってた場合もあったわけで。

c0008520_1503159.jpg でもこう考えるのはCDオタクのオレだからで、学生なら100円でも安いのはウレシイだろうし、CD屋まで買いに行くのが面倒な人や音質にこだわらない人ならすぐにitunesに切り替えるだろうね。するとCD屋がますます売れなくなって、メーカーも洋楽の日本盤出す意味がなくなって、オレみたいなCDのライナーや新譜紹介記事書いてメシの種にしてる音楽ライターは仕事減る可能性は大きいよね。
 でも、そうでなくとも最近はライナーノーツ原稿料のダンピングが始まってて、「文字数少なくていいから一万円で!」とか「適当に書いてくれていいですから!」とかそういう無理な頼み方してくるメーカーが出てきてるから(当然僕はそういう場合は断ってます。冷静になれば自明のことだけど、売りたい商品があるのに「お金がないから!」とか「一万円で!」とか、そういう貧乏臭いこと言ってたら、本当は売れる物でも売れなくなっちゃうよね)話を元に戻すと、たとえ仕事が減っても単純にitunesだけのせいとは言えないと思う。逆にネット上の原稿などは増える気がする。店頭で手にとって買うのではなく、ネット上で買うとなると、自分の好みのCDにたどり着くまでが一苦労だし、誰かその筋の専門家みたいな人からの推薦がますます重要になるだろうし。アマゾンで本買う時、レビュー参考にする人多いでしょう。
 とまあ、自分の未来に関係することなのに、あまり深く考えてないのバレバレ? まあ二週間後のスケジュールが空白なのがフリーのライターの基本ですから。
[PR]

by salamunagami | 2005-08-19 01:51 | エキゾ音楽  

フランス料理って懐石?

c0008520_14565156.jpg 池尻〜三宿エリアに住んでいてウレシイのはフランス料理屋が多いこと。オレの家から徒歩10分内に行ったことある所だけでも4軒はある。飯田橋や神楽坂ほどじゃないけど、中央線沿線よりは多いはずだ。今日は三宿交差点のバーkong tongと同じビル4Fに入っている店にお昼を食べに行ったら、お盆休みで閉まってた。じゃあkong tongでカレー?と思ったら、kong tongもお盆休み。近くにzestみたいなチェーン店もあるんだけど、ここは初心貫徹してフランス料理と思い、三宿交差点を奥に入ったある店に。スープとメインディッシュ、デザート、コーヒーで1500円のメニューを頼んだ。この店は素材もいいし調理方法も丁寧で美味いんだけど、味の方向性が100人のお客さんがいたら、そのうち95人にオイシイって言ってもらえるようなマス向けの方向性してるので、例えるなら結婚式パーティーで出てくるフランス料理みたいな。なのでオレはそれほどグっとは来ないんだけど、まあ近いからね。オレは100人いたら5人だけが猛烈に反応するような飯が好きだから。
 で今日出てきたのはブタバラ肉を一旦茹でてから焼いたグリル。味がしっかり付いてて美味いんだけど、なんぜ肉の量が100gくらいしかない! 冷製のスープも二種類のスープとクリームを分離させたままサーブしてたり凝ってるんだけどなんせ150ccくらいしかない! これじゃ野郎はタリねえよ! デザートは食べ放題で、これまたとても丁寧に作ってあるんだけど、デザートで腹一杯にはならないよな野郎は。結局オレはパンと水で腹一杯にした感じ。
 いつも思うけど、フランス料理屋って行くと、大抵野郎はオレだけで後はお姉さん方や近くに住んでるオバサンしかいない。当然だよね。量が少ないんだもん。オバサンやお姉さんにとってフランス料理って上品なダイエット料理、もしくは懐石みたいなものかもしれないけど、野郎は納得しねえよな。全国のフランス料理屋さん、もっと野郎のお客を大切にしてくれよ。お金は払うから全ての料理に大盛りを用意してくれ!
 そうそう、8/28日、渋谷アップリンクで行う「サラーム海上のエキゾ夢紀行」ではアップリンク入り口のレストランで、この日だけサラームのレシピによるランチ「サラーム・プレート」を限定30皿だけ用意してます。ちなみに今回はモロッコのグナワ特集なのでランチはケフタのクスクスとモロッコサラダです。クスクスって日本で食べると小さいお皿に鳥のエサ程度に盛られてくるけど、フランスやモロッコじゃ一人では食べきれない程大盛りで出てくるわけで、それを含めてのクスクスってオレは思ってるからさ。あの猫の額みたいな量のクスクスが出てくると悲しくなるんだよね。何でも日本人は自分サイズにモディファイしすぎだよ。というわけで何が言いたいかと言うと、この日はクスクス大盛り(100円増し)で頼めます。
(ちなみに写真はこの7月にスイスからレマン湖を越えたどり着いたフランスの田舎村Yvoireで食べた淡水スズキの唐揚げ。これは二人分。すごい量でしょう!)
 
[PR]

by salamunagami | 2005-08-16 15:01 | エキゾ料理  

葉山SOLAYA

c0008520_11545686.jpg昨日は噂の葉山SOLAYAでDJをしてきました。葉山のビーチから山を10分ほど上がった中腹にあって、お金持ちの別荘をそのままバーというかライヴスペースとして用いているようなお店らしくないお店です。友達の別荘に行ってるような気分。自動車があれば夏の間時々遠出して行くのも楽しいだろうな。夕方時間が余ったので海岸まで降りて、砂浜で日焼けしてきました。この夏はモロッコやパリやトルコやドバイに行ってるのに、土方焼けしかしてなかった。そういえば海に浸かったのも二年ぶりくらいだ。たまにはバリとかハワイとか、日本でもいいんだけど、リゾートくらいしたいもんですな。
[PR]

by salamunagami | 2005-08-15 11:58 | エキゾ講演&トーク  

グナワ、セウジョルジ、ヨシダダイキチ&OKI、モロッコ料理

 最近サラームはDJばかりで原稿の仕事やってないんじゃないか、さぼってるんじゃないかと思っている方もいるかもしれないので、最近のオモロな仕事内容を書いておきます。まず今月末のラティーナではプロデューサーの久保田麻琴さんと6月に行ったグナワ・フェスティバルについて対談してます。とは言っても久保田さんの話が中心で僕は聞き手に回ってますが、久保田さんが最近ハマっているブラジル東北部ノルデスチの音楽とグナワの共通点など、曰く「誇大妄想レベルの真実」が語られてます。ご期待を。
 ラティーナでは9月頭に来日するブラジル人歌手セウジョルジの原稿も書いてます。僕はブラジル音楽は詳しくはないのですが、6月にパリで彼の最新ライヴを観てきたばかりなので、僕に依頼が来たわけです。僕は映画「シティ・オブ・ゴッド」や「モロ・ノ・ブラジル」で彼を知ったくらいですから。でもフランス業界内でのセウのとらえられ方など日本のブラジル音楽好きとは違う視点を紹介していると思います。
 配布直後に店頭から姿を消す人気フリーペーパーsummingでは「世界の周辺で音を探す」という連載をやってます。今回はアラヤヴィジャナやサイコババのリーダー、ヨシダダイキチとアイヌのOKIさんという、現在日本の民族弦楽器巨匠二人の対談です。二人は初対面だったにもかかわらず、途中からはトンコリとシタールを持ち出して2時間近くも話が続きました。元のテープ起こし原稿が2万字、フー疲れた! これは配布は9月になるのかな。
 それから好評だった料理連載「バカグリル」が終わって、料理原稿が最近ないなと思っていたら、なんとあのPENから、料理カルチャーに特化した隔月誌PEN ATESが発刊されることになり、そこでエキゾ料理のレシピ&写真&コラムを始めることになりました。PENの料理&レストラン特集号はたいてい永久保存していたので、そこに書けるとはなんとも嬉しいことです。第一回目はモロッコのとある料理です。クスクスじゃないですよ。
 もちろんTVブロスやclubbitもいつもどおり書いてますよ。
[PR]

by salamunagami | 2005-08-10 13:11 | エキゾ講演&トーク  

8/14(日)は葉山SOLAYAで

c0008520_1154487.jpg日本に戻ってきたらDJの依頼ばかり増えて驚いてます。今度の日曜日は葉山の海岸に今年開店したばかりの海の家SOLAYAで夕陽を見ながらのDJです。今年はメタモルフォーゼもフジロックもゆらぎも行けない(行けなかった)ので野外パーティーはこれだけかも。渋谷にあるレストラン蘭鋳の料理長特製ディナープレート¥1000なんてのも用意されてるので、お盆中実家に帰らない人、夏なのに海に行く機会がなかった人(オレ含む)は是非足を伸ばして下さい。ちなみに僕のDJは18:40頃から2時間です。

2005.8.14(sun)@葉山SOLAYA(046-857-9780)
『Humany Earthy Chillout Sunset』
open 15:00 / DJstart 16:30/LIVEstart Sunset
charge\2500/with flyer\2000
DJ:サラーム海上・SANDNORM(OVA)・Dignify
LIVE:Kimmy☆・マーボー・リーガン(コーナーストーンRoots)
Dance Perform:ベリーダンス
カイロプラクティック:渋谷サンクスクリニック
Visual Direction:Tomoya Kishimoto
Lighting Direction:Urban Tribes Candle
Food & Drink Service:渋谷蘭鋳(シェフ ナリタ's スペシャルフード)..and more
[PR]

by salamunagami | 2005-08-10 11:56 | エキゾ講演&トーク  

groundrhythmに参加してきました

c0008520_1216580.jpg土曜日は井上薫のニューアルバムリリースパーティーgroundrhythm@代官山airでラウンジのDJをしてきました。メインフロアでは井上君がハードにバキバキにトバしているのを尻目にラウンジはまったり。先週に続きベリーダンサーが4人も来てくれていたのとジェンベ叩きまでいて、イイ塩梅にエキゾ空間となったのでは。airくらいデカクなると色んな人が来るわけで、久々に会う友人も多かった。ラウンジはフロアより30分早く終了し、メインフロアを見に行くと閉店間際なのに写真のように超盛り上がっていて、井上君の人気の高さに改めて驚いたよ。また誘って下さい。そうそう、閉店後、渋谷まで歩いて帰り、246でタクシーを拾おうとしたら、近づいてきたタクシーの窓が開いて中から「海上さん!」との声が。見るとコンピューマこと松永君だった。彼もDJ明けの朝帰りらしい。妙な所で会うなあ。
[PR]

by salamunagami | 2005-08-08 12:22 | エキゾ講演&トーク