21世紀中東音楽無宿 005 Aka Gunduz Kutbay



今日は昨年25歳で無念にも亡くなってしまった東京外語大学大学院ウルドゥー語専攻のマジュヌーン野上フミヤくんが編集長だった音楽雑誌OARの次号、追悼号のための原稿を書いている。テーマは「トルコのスーフィー音楽」。というわけで朝からスーフィー音楽ばかり聴いている。

そしてトルコのスーフィー、メヴレヴィー教団の音楽と言えばネイ。
そしてネイと言えばこのガイ! 以下は以前ある雑誌のために書いた原稿そのままです。

早世したスーフィーの笛ネイ(葦笛)奏者の復刻盤二枚組。ジャケに写るあまりにブっとい面構えに惹かれて手にしたのだが、部屋に戻ってmacbookのスピーカーから流した瞬間凍り付いた。この音、このツラはどこかで遭遇した覚えがある! 伝統音楽専門レーベルKALANのCDらしく120頁のトルコ語&英語解説ブックレットが付いていたので、ペラペラとめくっていると、ああ、このオヤジ、G.I.グルジェフ原作、ピーター・ブルック監督の映画「注目すべき人々との出会い」に出演していたのだ! 映画の冒頭シーンの、アフガニスタンの山奥で行われるスーフィーの音楽会で見事優勝を果たす音楽家の役で!(ちなみに失格する音楽家の中には現在のトルコ・スーフィー音楽を代表するクドシ・エルギュネルの姿もある。)まさに注目すべき人との出会い!! 二枚のCDに収録された大半はスーフィーの宗教儀式で奏でられた即興演奏の録音。一本の葦笛とは思えないほど太くコシのある笛が導く幽玄な音世界。オレの歩んできた小径は間違ってなかった! 



この冒頭でホーメイやってるガイです。

21世紀中東音楽のfacebookページ

[PR]

by salamunagami | 2012-01-30 21:48 | 21世紀中東音楽ジャーナル  

<< Food I made Feb... 21世紀中東音楽無宿 004 ... >>